ランドローバー75周年、ディフェンダーにグラスミアグリーンの特別仕様車…225台を日本導入

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバー75周年を記念した特別仕様車『ディフェンダー 75TH リミテッドエディション』を225台限定で日本に導入。9月15日から10月16日まで注文を受け付ける。

ランドローバーの歴史は1948年、アムステルダムモーターショーで初公開したオフロード向け車両『ランドローバー・シリーズI』から始まった。2023年で75周年を迎えるにあたり、その誕生を記念した特別仕様車ディフェンダー 75TH リミテッドエディションを発表した。

ボディタイプは「90(ショート)」または「110(ロング)」から選択でき、ベースモデルには上位グレード「HSE」となる。パワートレインは110がマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した3.0リットル6気筒ディーゼルターボエンジン、90は2.0リットル4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。

エクステリアでは、ディフェンダー初となるグラスミアグリーンを専用カラーとして採用し、20インチアロイホイールとホイールセンターキャップも同色仕上げ。さらに75周年グラフィック、セレスシルバーのバンパー、プライバシーガラスなどを組み合わせている。

インテリアも、グラスミアグリーンパウダーコートブラッシュドフィニッシュのクロスカービームやレーザーエッチングディテールが施されたエンドキャップを採用。エボニーレジストシート、センターコンソールサイドのホッケースティックは、ディフェンダーで最も頑丈なファブリックであるロバステックを使用している。

先進機能も充実。3Dサラウンドカメラ、コンフィギュラブルテレインレスポンス、メリディアンサウンドシステム、マトリックスLEDヘッドライト、11.4インチの大型タッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステム「Pivi Pro」、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレスデバイスチャージングなどを装備。さらに、ファブリックルーフ(格納式)、14ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー付き)、ステアリングホイール (ヒーター付)、3ゾーンクライメートコントロールなども採用し、快適性を高めている。

価格は90(75台)が1101万3000円、110(150台)が1242万3000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション(90)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション(110)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション(110)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー75周年、ディフェンダーにグラスミアグリーンの特別仕様車…225台を日本導入《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディフェンダー 75TH リミテッドエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ