EVとサイクリングによる「ゼロエミッション旅行」サービスを提供

エコカー レスポンス

REXEVは電気自動車(EV)カーシェアリング「eemo」(イーモ)にサイクルラックを搭載したEV貸し出しサービスを9月15日から開始した。ロードバイクなどでの自転車の旅やサイクリングへのニーズに対応する。

自転車は人が移動するために必要なエネルギーが、車や電車、歩くよりも小さく、エネルギー効率が高い。eemoを利用するEVは、神奈川県小田原市でつくられた再生可能エネルギーでの充電を積極化している。EVシェアと自転車を組み合わせ、 移動にかかるエネルギーやCO2排出を抑えた移動を支援する。

小田原は、車通りが少なく達成感のあるサイクリスト人気のスポットへのアクセスが良いといった特徴がある。新サービスで小田原発のサステナブルなサイクルツーリズムを体験できる環境を構築する。

小田原駅から徒歩3分の距離にある城山第一(小田原駅西口)ステーションの車両にサイクルラックを設置した。 24時間365日借りることが可能で、通常のカーシェア料金のみで利用できる。サイクルラックの利用に際して追加料金は不要、利用中も含めて充電代不要としている。

  • レスポンス編集部
  • サイクルラックを搭載したEV貸し出しサービスのイメージ《写真提供 REXEV》
  • サイクルラックを搭載したEV貸し出しサービスのイメージ《写真提供 REXEV》
  • サイクルラックを搭載したEV貸し出しサービスのイメージ《写真提供 REXEV》
  • 小田原発のサイクリングコース例《画像提供 REXEV》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ