三菱自動車、電動車販売で再エネ電力供給サービスの湘南電力と協業

エコカー レスポンス

三菱自動車は、地産地消型再エネ電力供給サービスの湘南電力と協業し、同社を介した電動車(EV、PHEV)の販売を9月20日から開始する。

湘南電力は、再生可能エネルギーによる地産地消、地域内経済循環を掲げて2014年に創立した。2020年には、エコロジーでサステナブルなライフスタイルに関心が高い顧客に向けて、湘南地区を含む神奈川県下にて、太陽光発電システム「かながわ0円ソーラー」を販売している。三菱自動車は、湘南電力のこうした取り組みに賛同し、湘南電力を介した電動車の販売を開始する。

具体的には、湘南電力の100%子会社である、かながわゼロ円ソーラー合同会社が太陽光発電システム「かながわ0円ソーラー」の販売時に、V2H機器と合わせて三菱自動車の電動車を紹介。電力プランと太陽光パネルに、電動車を蓄電池としたV2Hシステムもセットで紹介することで、エコロジーでサステナブルな生活インフラを提案する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 アウトランダー PHEV 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱アウトランダーPHEV《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ