VW『ID. Buzz』が冷凍保冷車に、フードデリバリーを想定…IAAトランスポーテーション2022

新車 レスポンス

フォルクスワーゲンは9月19日、ドイツ・ハノーバーで開幕した「IAAトランスポーテーション2022」において、新型EVの『ID.Buzzカーゴ』(Volkswagen ID.Buzz Cargo)をベースにした冷凍保冷車を初公開した。

ドイツ・ディツィンゲンに本拠を置く特装車メーカーのWUKARO社が、ID.Buzzカーゴに架装を施した。主に、都市部でのフードデリバリーを想定している。冷凍保冷システムは、ルーフ上の薄型の 230V冷却ユニット、4つのリチウムイオンバッテリー、インバーターで構成される。リアゲートは、観音開き方式に変更された。

ホイールアーチ内に組み込まれた4つのリチウムイオンバッテリーにより、冷却システムは6〜8時間、車両の駆動システムと独立して作動する。最大積載量は390kg。これは、ネットで注文を受けた冷凍食品、レストランの料理、アイスクリームなどの配達に充分な性能、としている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ID. Buzz カーゴ の冷凍保冷車《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID. Buzz カーゴ の冷凍保冷車《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ