F.C.C. TSR ホンダ フランス、逆転で王座奪還…世界耐久選手権

モーターサイクル レスポンス

F.C.C. TSR ホンダ フランスは、2022FIM世界耐久選手権(EWC)第4戦ボルドール24時間耐久ロードレースの決勝で4位入賞。2017-2018シーズン以来、2度めの年間チャンピオンが決定した。

仏ポール・リカール・サーキットで行われたEWC最終戦ボルドール24時間耐久は、ポイントランキング1位のヨシムラSERT Motulと23ポイント差の2位で挑んだ。このレースではジーノ・リア選手(英国 33歳)の代りに、2017-2018シーズンにチャンピオンを獲得した時のライダーであるアラン・テシェ選手(フランス 28歳)を起用。逆転でのタイトルに望みを繋げた。

現地時間17日15時にスタートした決勝レースは4番手からスタートしたが、2度のトラブルにより一時は28番手までランクダウン。その後は着実に周回を重ね、順位を回復していった。

残り1時間30分、マイク・ディ・メリオ選手(フランス 34歳)からジョシュ・フック選手(オーストラリア 29歳)へ交代するタイミングでピットイン。残りのスティントを確実に走り切るため、エキゾーストシステムをはじめ懸念のある各所を点検し交換した。そして、最後の30分をアラン・テシェ選手が無事走りきり、トップに4周差の714周、4位でチェッカー。2017-2018シーズン以来、2度めの年間チャンピオンに返り咲いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • F.C.C. TSR ホンダ フランス(c)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
  • F.C.C. TSR ホンダ フランス(c)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
  • F.C.C. TSR ホンダ フランス(c)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ