視認性とサイズ感を両立、ボッシュが二輪向けTFTディスプレイを発表

モーターサイクル レスポンス

ボッシュは9月21日、コンパクトな二輪車向けTFTディスプレイ「TFTクラスター5インチ」および「コネクティビティクラスター5インチ」を発表した。

TFTクラスター5インチは、あらゆる天候下で優れた視認性を保ち、ライダーは必要な情報をひと目で確認できる。また、車両メーカーは独自のデザインや仕様に合わせて表示画面を調整できるほか、限られたスペースにも搭載できるコンパクトサイズで、より幅広いセグメントの車両に対応。スズキが2023年1月より発売開始予定の新型『V-ストローム1050/1050DE』にも採用が決定している。

コネクティビティクラスター5インチは、TFTクラスター5インチにネットワーク機能を追加した製品。スマートフォンと接続することでナビゲーション、音楽、電話などの機能にアクセスできるだけでなく、警告メッセージや現在の速度などの情報を表示できる。

ボッシュのモーターサイクル向けディスプレイ、「TFTクラスター5インチ」は、2023年1月に発売予定のスズキ『Vストローム1050』などに搭載される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コネクティビティクラスター5インチ《写真提供 ボッシュ》
  • スズキVブイストローム1050DE《写真提供 スズキ》
  • スズキVブイストローム1050DE《写真提供 スズキ》
  • スズキVブイストローム1050《写真提供 スズキ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ