三菱 ASX 新型、ルノー キャプチャー と顔が違う…「ダイナミックシールド」導入

新車 レスポンス

三菱自動車の欧州部門は9月21日、新型コンパクトSUV『ASX』(Mitsubishi ASX)を欧州で発表した。

◆新型はルノー キャプチャーのOEMに

三菱ASXは、グローバル市場に幅広く展開する三菱自動車の主力車種で、欧州では2010年から販売していた。従来型ASXは、日本市場での『RVR』 に相当するモデルだった。

新型は、ルノー日産三菱アライアンスの提携効果を生かして、三菱自動車がルノーから量販SUVの『キャプチャー』のOEM供給を受ける。そして、三菱自動車が欧州市場向けに、新型ASXとして発売する。

新型ASXは、ルノー日産三菱アライアンスの「CMF-B」プラットフォームをベースにする。ルノーのスペイン・バリャドリード工場で生産され、2023年3月から三菱自動車のディーラーネットワークを通じて、欧州の一部市場で販売を開始する予定だ。

◆スリーダイヤを堂々と配したフロントグリル

新型ASXは、フロントからリアへと流麗なシルエットとした。後方に向かって切れ上がるキャラクターラインと、フローティングルーフを採用することによって、軽快な走りを予感させる躍動感のあるスタイリングとしている。

フロントでは、三菱自動車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の要素を取り入れ、上部にスリーダイヤを堂々と配したフロントグリルで力強さを表現した。また、ボディサイドを絞り込み、ショルダーを張り出すことで、大地をしっかりと捉えて駆け抜ける力強さを表現している。

室内は、広いラゲッジルームとスライド式リアシートで利便性を高めた。さらに、インストルメントパネルの中央には、スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)をレイアウトする。ディスプレイ上から、ドライバーの好みに合わせたドライブモードを選択することができる「マルチセンス」システムを採用している。

◆PHEVのラインナップを欧州BセグSUVに拡大

新型ASXでは、5種類のパワートレインを設定する。その中のひとつが、三菱が得意とするプラグインハイブリッド(PHEV)だ。三菱はPHEVのラインナップを、欧州BセグメントSUVに拡大する。PHEVパワートレインでは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力160hp)に、駆動用と発電用の2つのモーター、「マルチモード」トランスミッション、蓄電容量10.5kWhの駆動用バッテリーを組み合わせている。

1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、駆動用と発電用の2つのモーター、マルチモードトランスミッション、蓄電容量1.3kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたハイブリッド(HEV)モデル、直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「TCe」エンジンと6速MTまたは7速ダブルクラッチATトランスミッションを組み合わせたマイルドハイブリッドモデル、1.0リットルガソリンターボエンジンと6速MTを組み合わせたガソリンエンジンモデルもラインアップしている。

安全面では、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)と車線維持支援機能を組み合わせた高速道路同一車線運転支援機能の「マイパイロット」をはじめとした先進運転支援システム(ADAS)を搭載し、安全な運転をサポートしている。

  • 森脇稔
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 ASX 新型《photo by Mitsubishi Motors》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ