キャリパー純正でもローター大径化で性能も迫力もアップ![カスタムHOW TO]

業界 レスポンス

ブレーキの強化といえば最上級はもちろんビッグキャリパーへの交換だ。しかし、ローター径のアップも実は効果が高い。キャリパーキット投入とローターサイズアップとは!?

◆ペダルタッチ悪化はキャリパーが開いているせい?

ブレーキは回転するローターにパッドを押し付けて摩擦させることで制動力を得ている。このときにパッドを押し付ける力でブレーキの強さを加減している。しかし、パッドを押し付ける力には限界があるし、過度に大きな力を加え続けているとキャリパー自体への負荷になる。キャリパーはどうしても構造的に門型になり、その開口部でローターを挟んでパッドを押し付けているが、強い力で繰り返し制動していると徐々にこの門型の開口部が広くなってきてしまう。いわゆる「キャリパーが開く」という現象だ。

これはどんなキャリパーでも起きる可能性がある。キャリパーが開くとパッドの全面をローターに押し付けることができなくなり効きが悪くなる。ブレーキパッドの外周部ばかりをローターに押し付け、内側は押し付けられないのでパッドの面積を有効に使えなくなってしまうのだ。また、パッドを均一に押せないことでペダルタッチが悪化する。ブレーキペダルはパッドがわずかにたわむこととブレーキホースが膨張することで、ペダルの感触を得ている。それがパッドの外周部だけを押すとそこばかりに力がかかってたわんでしまうので、通常よりもペダルタッチが柔らかくなる。

サーキット走行後にブレーキホースに気泡が発生して、そのエアが圧縮されてしまうのでペダルタッチが悪くなることはある。そこでブレーキフルードのエア抜きや交換もすることがある。しかし、それでもペダルタッチのふわふわ感が直らない時はキャリパーが開いてきていることがあるのだ。そうなると直すにはキャリパーを交換する他にない。しかし、純正キャリパーがサーキット走行を何度もしたら開いてしまったとしたら、交換してもまた同じように使えばまた開いてしまう。

◆そこで剛性の高いキャリパーにする手もある

そこでキャリパーキットの導入となる。純正では多くの場合で片押し式のキャリパーだが、アフター品のキャリパーはほとんどが両押しタイプ。両側からピストンでパッドを押すことでパッドを均一に押しやすい。

また、キャリパー本体も高い剛性を持つ。鍛造アルミを両側からネジで留めた2ピースタイプはリーズナブルなものモデルに多い構造。

剛性を重視した1ピース構造のキャリパーはモノブロックと呼ばれ、1つのアルミの塊にピストンが配置される。その中でも鋳造アルミと鍛造アルミがあるが、レーシングモデルは多くが鍛造アルミブロックからの削り出し製法で製造。高い技術力が必要で価格も高価だが、高い剛性と軽さを両立し、ペダルタッチの良さ、その再現性の高さを持つのだが、難点は価格となりフロント用で50〜80万円はする。前後セットだと100万円は越えてくるイメージでちょっと簡単には手の出しにくい価格となってしまう。

◆ならばローター径をアップも有効

キャリパーキットがよく効くようになる理由は剛性の高いキャリパーもあるが、ローター径が大きくなっていることもある。ローターは大きくなるほど回転する中心から遠い部分をつまむことになるので、ブレーキの効きがよくなる。また、パッドも大きな面積にしやすいので摩擦面も増やせるのだ。ローター径をアップさせるには純正キャリパーをマウントする位置を変えなければならないが、そういうキットも市販されている。それを使えばキャリパーは純正のまま、大きなローターを使うことができるのだ。ローター径が大きくなれば、ローター自体の体積も増えるので同じ熱量を受けてもローター温度が低く留まる。そうなればパッドに対する熱負荷も抑えることができ、パッドの減りも抑制できる。

あとはキャリパーの温度にも気を配っておきたい。キャリパーが250度を超えてくるとそもそもキャリパーが柔らかくなってきて、そこでフルブレーキを繰り返すとキャリパーが開きやすい。

また、キャリパーピストンのシールが傷んでしまい、フルードが漏れてくることもある。キャリパーの温度は少しでも下げておきたい。そのためにはそもそもローター温度も下げたほうがよく、やはりローター径のアップが有効になるのだ。

  • 加茂新
  • キャリパー純正でもローター大径化で性能も迫力もアップ![カスタムHOW TO]
  • キャリパー純正でもローター大径化で性能も迫力もアップ![カスタムHOW TO]
  • キャリパー純正でもローター大径化で性能も迫力もアップ![カスタムHOW TO]
  • キャリパー純正でもローター大径化で性能も迫力もアップ![カスタムHOW TO]
  • キャリパー純正でもローター大径化で性能も迫力もアップ![カスタムHOW TO]
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ