400台の痛車・痛単車・痛チャリが大阪・万博公園に集結、コスプレ撮影もOK 10月9日

モータースポーツ レスポンス

痛車天国プロジェクト(八重洲出版内)は、痛車の祭典「EXPO痛車天国2022」を10月9日に万博記念公園お祭り広場(大阪府吹田市)で開催する。

EXPO痛車天国は、痛車・痛単車・痛チャリ合わせて約400台が集結する西日本最大級の痛車展示イベント。参加者が自慢の痛車を披露し、ギャラリーとオーナーが交流できる場も用意する。また、コスプレ参加で楽しめるのもEXPO痛車天国の特徴。好きなキャラクターの痛車を見つけてコラボ撮影ができる。

会場では、痛車制作ショップのデモ車展示やステッカー・グッズ販売に加え、カーグッズ・関連グッズなどの即売会も予定。ステージでは多くの出演者が、パフォーマンスで盛り上げる。加えて、会場の中から選ばれた痛車を発表する「EXPO痛車天国アワード」も実施する。

入場料は1000円、中学生以下は無料。コスプレ・ステージ撮影希望の来場者はカメラマン参加料(500円)が必要となる。入場券は当日券のみ。別途、万博記念公園の入園料(大人260円)が必要。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • EXPO痛車天国《写真提供 痛車天国プロジェクト》
  • EXPO痛車天国《写真提供 痛車天国プロジェクト》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ