ハーレー「ブルースカイヘブン」が4年ぶりに復活、Charaら豪華アーティストにレア車お披露目も

モーターサイクル レスポンス

直線番長たちが怒涛の走りを披露

モーターサイクル、キャンプ、音楽が融合したハーレーダビッドソンジャパン主催のイベント「ブルースカイヘブン」が、4年ぶりに開催された。2022年9月17日(土)、18日(日)の2日間にわたっておこなわれた「ブルースカイヘブン2022」は、「BLUE SKY OASIS」と「BLUE SKY PADDOCK」の2つのメインエリアを中心に、ライダーもキャンパーも家族連れも、誰でも楽しめるプログラムが満載となっていた。

土曜日は、ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)で幕を開けると、全米ドラッグレース最高峰Top Fuelクラスに30年以上現役で参戦し続けるドラッグレーサー、重松健氏によるデモンストレーション走行が披露された。

話題のレアモデルを本邦初公開

ハーレーダビッドソンジャパンの野田社長は、H-D社リードデザイナーであるダイス長尾氏とともに、ニューモデル『ローライダー エルディアブロ』を本邦初公開。世界限定1500台、日本導入139台の話題作を、日本のファンが初めて目の当たりにした瞬間であった。

日本を代表するエクストリームライダー木下真輔氏と、フラットトラック世界選手権を戦う唯一の日本人ライダー大森雅俊氏によるバイクスタントショーも、迫力のアクションの連続で観客を魅了し続ける。

参加型プログラムが面白い!

「BLUE SKY PADDOCK」では、ハーレーダビッドソン最新モデルや純正カスタムの展示をはじめ、メカニック最高峰マスターテクニシャンによるエンジン分解ショーもおこなわれた。

「ナイトスター」でテクニカルな難コースをゆっくりと走り、速すぎず遅すぎ規定タイムを目指して走る「バトルトラックス」には、多くのライダーが挑戦し大盛況。ストライダー体験のできるキッズエリアもあり、参加型のプログラムも人気を集める。

また、ハーレー専門誌『ウィズハーレー』によるWITHHARLEYヴィレッジも設置され、専門誌ならではのブースが立ち並ぶとともに、「WITHHARLEYハーレー女子トークショー」も開催。フレッシュなハーレー女子たちにとっては、ブルスカを体験するのは今回が初めてで、「こんなに楽しいイベントがあるなんて、知りませんでした。ハーレー乗りになってよかったです」と、ハーレーの世界観をたっぷりと満喫した様子であった。

「Pan America Dirt Rider’s Club」では、モーターサイクルインストラクターのケニー佐川氏のほか、エンデューロレース国際A級ライダーの和泉 拓氏、YouTuberとしても活躍中のスタントライダー小川裕之氏が講師に。

Liveステージには豪華すぎるアーティストたち

音楽マルチメディア「block.fm」がプロデュースする音楽ステージでは、豪華アーティストによるライブパフォーマンスが続く。

Charaをはじめ、Daoko (DJ set)、KO KIMURA、MONDO GROSSO/SHINICHI OSAWA、SIRUP、☆Taku Takahashi(m-flo)、YonYon、YOSA & TAAR、全8組がライブやDJパフォーマンスをおこない、会場をわかせた。

恒例のプログラムを堪能

自分の愛車で国際格式のレーシングコースをゆっくりと走行できる「H.O.G.チャプターパレード」は、恒例の人気コンテンツ。ここで仲間たちと走ることを楽しみに、ブルスカに参加する人も少なくない。土曜日の夜は「ブルースカイ・ファイヤーワークス」、花火で締めくくられる。

キャンプサイトでは、仲間たちとの宴が続く。富士の麓での、恒例のイベントがまた帰ってきた。来場者たちは、終始笑顔を絶やさなかった。

  • 青木タカオ
  • ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 4年ぶりに開催された「ブルースカイヘブン2022」《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 音楽マルチメディア「block.fm」がプロデュースするLIVEステージ。大トリはChara。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 音楽マルチメディア「block.fm」がプロデュースするLIVEステージ。Daoko (DJ set)も登場。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 全米ドラッグレース最高峰Top Fuelクラスに30年以上現役で参戦し続けるドラッグレーサー、重松健氏によるデモンストレーション走行。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーだけで競うドラッグレース「V.D.A.」(V-Twin Drag race Association)。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 4年ぶりに開催された「ブルースカイヘブン2022」《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • エクストリームライダー木下真輔氏と、フラットトラック世界選手権を戦う大森雅俊氏によるバイクスタントショー。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • エクストリームライダー木下真輔氏と、フラットトラック世界選手権を戦う大森雅俊氏によるバイクスタントショー。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • エクストリームライダー木下真輔氏と、フラットトラック世界選手権を戦う大森雅俊氏によるバイクスタントショー。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 4年ぶりに開催された「ブルースカイヘブン2022」《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーダビッドソンジャパンの野田社長は、H-D社リードデザイナーであるダイス長尾氏とともに、ニューモデル『ローライダー エルディアブロ』を本邦初公開。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 本邦初公開されたニューモデル『ローライダー エルディアブロ』。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 「ナイトスター」でテクニカルな難コースをゆっくりと走り、速すぎず遅すぎ規定タイムを目指して走る「バトルトラックス」。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • メカニック最高峰マスターテクニシャンによるエンジン分解ショー。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 4年ぶりに開催された「ブルースカイヘブン2022」《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 4年ぶりに開催された「ブルースカイヘブン2022」《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 自分の愛車で国際格式のレーシングコースをゆっくりと走行できる「H.O.G.チャプターパレード」。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 4年ぶりに開催された「ブルースカイヘブン2022」《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレー専門誌『ウィズハーレー』によるWITHHARLEYヴィレッジも設置され、「WITHHARLEYハーレー女子トークショー」も開催。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 日曜日にはヴィンテージハーレーも走行。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 日曜日にはヴィンテージハーレーも走行。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • 「Pan America Dirt Rider’s Club」講師は、エンデューロレース国際A級ライダーの和泉 拓氏。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • YouTuberとしても活躍中のスタントライダー小川裕之氏が講師を務めた「Pan America Dirt Rider’s Club」。《写真提供 ハーレーダビッドソンジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ