スポーツ電動自転車の最高峰「YPJ-MT Pro」、新型ドライブユニットでよりパワフルに…ヤマハ発動機

新車 レスポンス

ヤマハ発動機は、軽量かつパワフルに進化したオフロード向けスポーツ電動アシスト自転車『YPJ-MT Pro』2023年モデルを12月下旬より発売する。価格は74万8000円。

YPJ-MT Proは、スポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」のフラッグシップモデル。メインフレームの上下がそれぞれ2本に分かれた構造で、車体剛性と最適な重量バランスを実現する「ヤマハ デュアル ツイン フレーム」が特徴だ。2023年モデルはオフロードでの走行性能をさらに追求し、パワフルでありながら軽量で、よりスムーズなライディングフィールへと進化した。

2023年モデルは従来モデルに比べ、小型、軽量でありながら、力強いトルクを実現したオフロードカテゴリーのフラッグシップドライブユニット「PW-X3」を搭載する。コンパクトになったことでグラウンドクリアランスを確保し、オフロードでの走破性を向上。スムーズかつ、パワフルでレスポンスの良いアシストフィーリングを実現する。

新設計の「ディスプレイEX」は、オフロード走行に最適なコンパクトサイズのスイッチとメーター。ハンドリングや視界を干渉しない位置に配置することで、すっきりとしたハンドル周りを実現した。リモートコントロールスイッチはコンパクトサイズとしたことで走行中でもスムーズにアシストモードの切り替えが可能。メーターは、オフロード走行に必要な機能に絞り込むことでコンパクト化を実現した。また、バッテリー容量とアシストモードが一目で分かるカラーLEDインジケーターを採用。BluetoothまたはANT+を通してサードパーティーのサイクルコンピューターとの接続に対応するほか、給電機能のついたUSBポートも備えている。

フロントサスペンションは、アウターケースの剛性を高めた「ROCKSHOX LYRIK SELECT」を採用。オフロードでの扱いやすいハンドリングに貢献する。ドライブトレインは「SHIMANO M8100 XT 12sp」を採用。12速のワイドレシオにより、走行状況に応じた最適なギア選択を可能にし、急斜面での登坂性を高めた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ発動機 YPJ-MT Pro《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ドライブユニット「PW-X3」《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ディスプレイEX《写真提供 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ