日産 フェアレディZ 新型、AT車Pレンジでも車両が動くおそれ…改善対策

テクノロジー レスポンス

日産自動車は9月29日、『フェアレディZ』新型のパーキングロックに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2022年6月30日から8月26日に製造された165台。

9速AT車にて、Pレンジでホイールを機械的に固定するパーキングロック機構が不適切なため、特定の条件、操作をした場合に一時的にパーキングロックが外れ、最悪の場合、駐車条件によって車両が動くおそれがある。

改善措置として、全車両、トランスミッションコントロールモジュールの制御プログラムを対策品に書き換える。なお、対策プログラムの準備ができるまでの間、停車時に駐車ブレーキ使用の注意喚起を実施し、対策プログラムの準備ができしだい改めて案内する。

不具合および事故は起きていない。社内からの情報により改善対策を届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産 フェアレディZ 新型《写真提供 日産自動車》
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ