沖縄県で電動三輪モビリティのシェアリングサービスを実証

新車 レスポンス

大和ハウス工業と大和ハウスパーキングは10月1日から沖縄県豊見城市で電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」の実証を開始する。

実証事業では「iias(イーアス)沖縄豊崎」や「オリオンECO美らSUNビーチ」、「瀬長島」など市内6カ所に環境配慮型電動三輪モビリティ「GOGO!Rシェア」を配車する。利用者はスマートフォンのMaaSアプリ「GOGO!シェア」をダウンロード、会員登録することで簡単にレンタル利用でき、アプリでモビリティの開錠・施錠、料金支払いなどを行える。

豊見城市、糸満エリアの地域周遊利便性の向上や観光客誘致への貢献を目指す。利用料金は10分110円。

実証事業で使用する電動モビリティはFutureの「GOGO!Rシェア」で普通自動車免許で公道を走行可能。家庭用電源でも充電可能なバッテリーを搭載しており、航続可能距離が50kmで、最高速度は45km/hまで設定可能。

大和ハウスグループでは、地域密着型のビジネス創出や脱炭素社会の実現などを重要テーマに掲げており、今回の実証実験を通じてモビリティサービスが地域課題を解決する新たな基盤の一つになるかを検証する。

  • レスポンス編集部
  • 電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」《画像提供 大和ハウス工業》
  • MaaSアプリ「GOGO!シェア」《画像提供 大和ハウス工業》
  • 電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」《画像提供 大和ハウス工業》
  • 電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」《画像提供 大和ハウス工業》
  • 電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」《画像提供 大和ハウス工業》
  • 電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」《画像提供 大和ハウス工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ