最新EVを見て×乗って×買える、Anycaオフィシャルシェアカーに『ホンダe』導入

エコカー レスポンス

DeNA SOMPO Mobilityが運営するカーシェアプラットフォーム「Anyca(エニカ)」は10月3日、ホンダと協業し、電気自動車(EV)『ホンダe』のカーシェア(レンタカー形態)を開始した。

Anycaでは、24時間非対面でクルマに乗れる「Anycaオフィシャルシェアカー」を通して、EVをはじめとしたあらゆるクルマの体験を提供している。今回、ヒョンデ『アイオニック5』やボルボ『C40リチャージ』に続き、ホンダが2020年に発売したホンダeを導入した。

ホンダeが配備されるのは、西銀座駐車場(東京都中央区)、秋葉原UDXパーキング(東京都千代田区)、渋谷マークシティ(東京都渋谷区)の3か所。料金はショート(1時間)1200円、6時間パック6000円、12時間パック8000円、24時間パック1万1000円などとなっている。

Anycaではホンダeの体験機会を創出だけでなく、購入/所有をサポートする仕組みも構築している。例えば、シェアカーの利用後、ホンダeが気に入れば、Anycaアプリ経由で新車オンラインストア「Honda ON」から購入でき、オーナーとしてAnycaを活用すれば車両の維持費を軽減できる。さらにシェアしたドライバーへホンダeを紹介し、購入した場合はオーナーにインセンティブが支給される車両紹介プログラムも提供する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ