使用環境で変動するEVの実用航続距離を予測、DeNAが新技術を開発

エコカー レスポンス

DeNAは10月5日、使用環境により変動する電気自動車(EV)の実用航続距離を予測する技術を開発したと発表した。EVの実用航続距離を「見える化」することで、データに基づくEV導入支援ソリューションの提供を目指す。

ガソリン車からEVへの転換は大きな社会潮流となりつつあり、自治体や企業を中心にEV導入のニーズが顕在化している。しかし、車両導入コストや航続距離などが課題となり、日本国内でEVはまだ十分普及しているとは言えない状況だ。特に航続距離については使用環境、季節、使われ方などによって大きく変動し、実用性能の把握が困難なことがEV導入時の課題となっていた。

今回開発した実用航続距離予測技術では、まず、車検証情報、定期点検履歴など、既存車両の管理情報や用途から、車両ごとに異なる使用環境を推定する。次に、推定された使用環境下でEVが走行した場合の性能悪化要因とその影響度を総合的に解析。さらにバッテリー劣化による将来の車両性能変化を加味して、EV導入後の実用航続距離を予測するとともに可視化する。

この予測技術を用いることで、さまざまなEVが、異なる車両用途や使用環境にて、期待される実用性能を発揮できるか否かを事前に確認でき、適切なEVの選定が可能になる。また、コネクテッドカーなど、車両から直接データ取得する手段に依存しないため、ほぼすべての既存車両に対して予測が可能となり、汎用性の高いEV導入支援ソリューションの提供が可能になる。

DeNAでは、今回の技術を用いたEV導入支援ソリューションを今後、さまざまな自治体や企業に展開していくことで、国内におけるEV転換を加速させる。さらに、EV導入後は、自動車メーカーのコネクテッドサービス、フリート管理サービス、カーシェアリング、エネルギー、保険など、各種サービスと連携することでEVの利用価値を高め、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて貢献していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • EVの実用航続距離予測の例《グラフ提供 DeNA》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ