メルセデスベンツ Aクラス 改良新型、PHEVが性能向上…欧州発表

新車 レスポンス

メルセデスベンツは10月5日、コンパクトハッチバックの『Aクラス』(Mercedes-Benz A-Class)の改良新型を欧州で発表した。プラグインハイブリッド車(PHEV)の「A250e」グレードが性能を向上させている。

A250eのPHEVパワートレインは、エンジンが直噴1.3リットル(1332cc)の直列4気筒ガソリンターボだ。改良新型では、最大出力を160hpから163hpに、最大トルクを25.5kgmから27.5kgmに引き上げた。モーターは最大出力が102hpから109hpに向上。最大トルクは30.6kgmに据え置いた。

PHEVシステム全体では、218hpのパワーと45.9kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0〜100km/h加速が7.4秒、最高速は225km/hに到達する。バッテリー(二次電池)は、蓄電容量15.6kWhのリチウムイオンだ。EVモードでは、最大81km(WLTPサイクル)をゼロエミッション走行できる。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ Aクラス 改良新型の「A250e」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ Aクラス 改良新型の「A250e」《photo by Mercedes-Benz》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ