トヨタのEV『bZ4X』が再デビュー、“全治3か月”不具合の原因判明[新聞ウォッチ]

テクノロジー レスポンス

走行中にタイヤが脱輪する恐れがあるとして生産と出荷を停止していた、トヨタ自動車初の本格量産の電気自動車(EV)『bZ4X』と、共同開発相手のSUBARU(スバル)へ供給する『ソルテラ』が、ようやく“全治3か月”以上にも及んだ原因調査を終えて、再デビューするという。

トヨタが、不具合の原因が判明したことを明らかにしたもので、きょうの朝日や日経などが「トヨタ、EV販売再開へ」などと取り上げている。

それによると、トヨタは6月下旬にbZ4Xと、スバルに供給するソルテラのリコールを国土交通省に届けていたが、原因究明の調査を終え、車両の設計を一部変更して安全対策にめどをつけたとして、車両を生産する元町工場での稼働を再開したという。トヨタのbZ4Xは10月26日から販売を再開し、同型の兄弟車を自社ブランドで販売するスバルも10月7日から再び受注を開始するそうだ。

◆ボルトとホイールを改善

トヨタの説明によると、タイヤを車両に取り付けるボルトの設計などに問題があり、締め付ける力が不足。急旋回や急ブレーキを繰り返すとボルトが緩み、最悪の場合、タイヤが脱落する恐れがあった。

このため、原因調査の結果、安全対策として、新たに設計したボルトに交換するほか、ホイールも部品加工時の品質を改善し、加工方法に改良を加えたものに取り換えるという。

一方で、トヨタはハイブリッドシステムの制御プログラムに不具合があり、走行できなくなる恐れがあるとして、小型車『ヤリス』3万7674台(2019年12月11日〜20年9月16日製造)のリコールを国交省に届け出た。2022年度上半期(4〜9月)の国内車名別新車販売台数では、ホンダの軽ワゴン『N-BOX』が、年度上半期としては2年ぶりに首位を奪還したため、前年同期に首位だったヤリスは2位に後退した。

2022年10月7日付

●原油減産、インフレ加速もOPECプラス米政権に打撃(読売・2面)

●日野不正役員一部辞任へ、「パワハラ体質」深刻(読売・8面)

●トヨタ、新型EV生産再開(読売・9面)

●日野、歴代社長の責任問う、報酬返納要求・経営陣処分へ(朝日・3面)

●国内の新車販売N-BOX首位、22年度上半期(朝日・9面)

●ホンダ埼玉で10月4割減産、鈴鹿は2割(毎日・7面)

●トヨタ・ヤリス3万7000台リコール(産経・24面)

●羽田苦境越え再始動、複合施設23年開業、コロナ後の誘客期待(東京・1面)

●スズキインド進出40年、シェア50%回復へ攻勢(東京・6面)

●国交省、鉄道・バス広域連携を支援、地方路線、複数年で補助(日経・1面)

●「鉄道150年」で式典、都内、両陛下が出席(日経・38面)

  • 福田俊之
  • スバル・ソルテラ《写真撮影 中野英幸》
  • トヨタ・ヤリス《写真提供 トヨタ自動車》
  • ホンダN-BOX《写真提供 ホンダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ