ホンダ タイプRシリーズ30周年、歴代モデル展示イベントなど記念企画を展開

モータースポーツ レスポンス

ホンダはピュアスポーツモデル「タイプR」シリーズの発売30周年を記念し、歴代タイプR展示イベントやオーナーズパレードなど、各種イベントを実施する。

タイプRシリーズは、走りへの情熱を表現する四輪ピュアスポーツモデル。初代である『NSX-R』の発売から11月27日に30周年を迎える。ホンダでは、タイプR発売30周年を迎えるその日に向けて、今後さまざまな記念イベントを展開していく。

タイプR発売30周年記念展示「挑戦の血統」は、第1期(10月21日〜11月2日)をホンダウエルカムプラザ青山(東京都港区)で開催する。初代タイプRとなったNSX-Rをはじめとする5台のタイプRを展示。加えて、タイプRシリーズの歴史をまとめた年表や30周年スペシャルムービー、デジタルウォールでのデザインスケッチの紹介を通じ、タイプRシリーズが紡ぎ続けている「挑戦の血統」を表現する。

第2期(11月4日〜2023年1月16日)はホンダコレクションホール(モビリティリゾートもてぎ内)で開催する。1階エントランスホールでは、タイプRシリーズ「挑戦の血統」の源流である1965年のF1マシン『RA272』と5モデルのタイプRを展示。日の丸カラーのRA272と、専用ボディカラー「チャンピオンシップホワイト」と真紅のホンダエンブレムが施されたタイプRたちが、受け継がれる「挑戦の血統」を体現する。また、2階北棟では英国生産で日本でも販売された4世代のタイプRを展示。海外専売モデルについてのパネル説明とあわせて、グローバルに展開された機種について紹介する。

タイプR発売30周年の記念日となる11月27日には、ファンイベント「ホンダ・レーシング サンクスデー」のコンテンツのひとつとして、タイプRオーナーが愛車で参加できるオーナーズパレードをモビリティリゾートもてぎで開催する。パレードには、オラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリ所属のF1ドライバーも参加。参加方法については詳細が決まり次第、公式サイトにてアナウンスする。

また、同日に決勝レースが行われる「スーパー耐久シリーズ第7戦では、ホンダ従業員有志が活動する自己啓発チーム「ホンダR&Dチャレンジ」が、新型『シビック タイプR』で参戦を開始。タイプRシリーズが発売30周年を迎える記念すべき日に新たな挑戦に踏み出す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2022年 6代目シビック タイプR(FL5)《写真提供 本田技研工業》
  • 1995年 初代インテグラ タイプR(DC2)《写真提供 本田技研工業》
  • 1995年 初代インテグラ タイプR(DB8)《写真提供 本田技研工業》
  • 1997年 初代シビック タイプR(EK9)《写真提供 本田技研工業》
  • 1998年 アコード タイプR (欧州専売モデル)《写真提供 本田技研工業》
  • 2001年 2代目インテグラ タイプR(DC5)《写真提供 本田技研工業》
  • 2001年 2代目シビック タイプR(EP3)《写真提供 本田技研工業》
  • 2002年 2代目 NSX-R(NA2)《写真提供 本田技研工業》
  • 2007年 3代目シビック タイプR(FD2)《写真提供 本田技研工業》
  • 2009年 シビック タイプR ユーロ(FN2)※欧州向け3代目シビック タイプR。現地では2007年に発売《写真提供 本田技研工業》
  • 2015年 4代目シビック タイプR(FK2)《写真提供 本田技研工業》
  • 2017年 5代目シビック タイプR(FK8)《写真提供 本田技研工業》
  • タイプR 30th アニバーサリー(ロゴ)《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ