メルセデスAMG SL は電動ターボを搭載し、価格1648万円で日本発売

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は10月24日、ラグジュアリー2+2シーターロードスターの新型メルセデスAMG『SL』を日本市場で発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて同日より発売する。

モデル呼称の「SL」は「Super」と「Light」(=軽量)を略したもの。1952年に発表され、ルマン24時間耐久レースはじめ輝かしい戦績を重ねた「300SL」(W194)をベースに、1954年に「300SL」(W198)として一般向けに発売された。

初代300SLの誕生から70年を迎え、新型SLはメルセデスAMGによる自社開発モデルとなり、メルセデスAMGブランド専用の車種となった。新型では“標準仕様”メルセデスベンツSLの設定がない。

新型SLの開発コンセプトは、専用の高剛性プラットフォームによる、卓越したドライビングパフォーマンスと快適性を兼ね備えたドライバビリティをもち、2+2シートレイアウトそしてF1の技術を採用した新開発直列4気筒ターボエンジンがもたらす、軽快でパワフルなドライビングを楽しむことができるモデル。インテリアは、アナログとデジタルとを融合した「ハイパーアナログ」デザインを採用することで、300SLのデザインをオマージュしながらもラグジュアリーで快適な空間をめざした。

新型SLシリーズではエントリーモデルとなる「SL43」がまず導入される。

●デザイン

新型SLのエクステリアデザインは、メルセデス・ベンツのデザイン基本思想である「SensualセンシュアルPurityピュリティ(官能的純粋)」に、AMGのスポーティな要素を取り入れたデザイン。ボンネットのパワードームなど、随所にSLの伝統の要素がある。

新型SLの室内は、初代300SLに始まる伝統を現代的に解釈し、メルセデスAMGのドライビングパフォーマンスの遺伝子を受け継ぎ、スポーティかつ快適性に優れたモデルとした。さらに、上質な素材と丹念なクラフトマンシップ、ディテールに対する配慮によって、ラグジュアリーを感じられるインテリアに仕上げた。

●ボディシェル

新型SLのボディシェルには、メルセデスAMGが新規開発したアーキテクチャーを採用した。シャーシの剛性を生み出し、精度の高いドライビングダイナミクスや優れた快適性、パッケージング、さらにスポーティなボディプロポーションを実現するベースとなっている。このアーキテクチャーは、自立構造を持つ1つのアルミニウム製スペースフレームで構成されている。コンポーネント流用は、先代SLやメルセデスAMG GTなど他のモデルから流用されたものはないという。

●ソフトトップ

ルーフについては、先代の金属製バリオルーフに代えて電動ソフトトップを採用した。これは新型SLがスポーツ性をより重視したポジショニングになったことが理由。ソフトトップになったことで21kgも軽く、重心が低くなり、ドライビングダイナミクスやハンドリングにプラスとなったという。

また、一般的なソフトトップコンパートメントカバーも不要となった。ソフトトップを完全に開いた後、ボディの面より突き出ることなく収納される。開閉は約15秒で完了し、車速60km/hまでであれば走行中でも開閉できる。操作は、センターコンソールのスイッチパネルまたはタッチ機能付のメディアディスプレイで行ない、画面には開閉動作の進行状況が動画で表示される。

●パワートレイン

SL43のパワートレインは、最高出力381PS(280kW)、最大トルク480Nmを発生する2.0L直列4気筒ターボエンジン「M139」を搭載する。M139は、直列4気筒エンジンとして初めて「One man, One engine」の方針に従い、熟練のマイスターが手作業で丹念に組み上げている。

M139には、量産車としては世界初となる、エレクトリック・エグゾーストガス・ターボチャージャー(電動ターボチャージャー)を採用した。このターボチャージャーはメルセデスAMGペトロナスF1チームが採用して実績を上げているシステムをベースにしているという。

電動ターボチャージャーの電気モーターは厚さ約4cmで、排気側のタービンホイールと吸気側のコンプレッサーホイールとの間に位置し、ターボチャージャーの軸に一体化されている。このモーターが電子制御で軸を駆動し、コンプレッサーホイールを加速する。これにより、エンジンの全回転域にわたって、レスポンスの速さが改善される。車載の48V電気システムを電源とし、最大17万rpmまで動作する。

●AMGスピードシフトMCT9速トランスミッション

トランスミッションには、従来「63」モデルに搭載されていた「AMGスピードシフトMCT」(9速オートマティックトランスミッション)を採用した。走行性能は、0-100km/h加速4.9秒、最高速度275km/hを実現した。AMGダイナミックセレクトで6つのドライブモード=「Slippery」(滑りやすい)、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、「Race」、「Individual」を設定できる。

●MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)

新型SLには、12.3インチのワイドディスプレイを採用するコックピットディスプレイと、11.9インチの縦型メディアディスプレイの2画面を標準装備される。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」はもちろん搭載、自動車が通信することによりユーザーの利便性を向上するテレマティクスサービス「Mercedesmeconnect」も搭載される。

メルセデスAMG SL43のメーカー希望小売価格は消費税込みで1648万円。ステアリングは左/右いずれか選べる。

  • 高木啓
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL43《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
  • メルセデスAMG SL63と300SL《写真提供 メルセデス・ベンツ日本》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ