トヨタ GR 86 を328馬力のEVに、45分のレースが可能…SEMA 2022

新車 レスポンス

カナダのScalar Performanceは11月1日、2ドアスポーツカーのトヨタ『GR 86』をレーシングEV化した『SCR1』を、米国ラスベスガスで開幕した自動車用品&カスタマイズの展示会、SEMAショー2022で初公開した。

「Hypercraft」が開発した800VのEVパワートレインは、モーターが最大出力328hp、最大トルク47.7kgmを引き出す。0〜96km/h加速は3.9秒、最高速は265km/h。バッテリーは蓄電容量が65kWhで、45分間のレースとおよそ20 分でのバッテリー充電を可能にしている。

なおSCR1は、全米自動車スポーツ協会(NASA) によって承認された最初のクラブレーシングEVになる、としている。

  • 森脇稔
  • Scalar Performanceの『SCR1』《photo by Scalar Performance》
  • Scalar Performanceの『SCR1』《photo by Scalar Performance》
  • Scalar Performanceの『SCR1』《photo by Scalar Performance》
  • Scalar Performanceの『SCR1』《photo by Scalar Performance》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ