【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】上位10モデルが決定!今年は異例の“11ベストカー”に

新車 レスポンス

「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める第1次選考の結果が11月4日に発表され、全48ノミネートの中から、今年もっとも優れた上位10モデル「10ベストカー」が選出された。ジャーナリストなど60名の選考委員の投票により選出されたが、今年は10位が同票だったため異例の“11ベストカー”となっている。この中から、今年の1台「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が選ばれる。

「10ベストカー」に選ばれたのは以下の11モデル(日産サクラ、三菱eKクロスEVは2モデルで1ノミネート)。

●スズキ アルト

●トヨタ クラウン

●日産 エクストレイル

●日産/三菱 サクラ/eKクロス EV

●日産 フェアレディZ

●ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプR

●マツダ CX-60 e-SKYACTIV D

●BMW iX

●ヒョンデ IONIQ 5

●ランドローバー レンジローバー

●ルノー アルカナ

※日本カー・オブ・ザ・イヤー公式発表ノミネート順。得票数は未公表。

“11ベストカー”となったのは史上2回目。軽自動車が2モデル選出されているのも珍しい。また、日産車が3モデル選出されているのにも注目だ。ヒョンデ、ルノーは日本カー・オブ・ザ・イヤー史上初のノミネートで10ベスト入りの快挙となった。

この中から最も優れた1台を「日本カー・オブ・ザ・イヤー」として表彰する。「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車だった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられる。

このほか、全48ノミネートから選出される部門賞は、「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」、「K CAR オブ・ザ・イヤー」の4つを設定する。

今後、11月24日に選考委員による「10ベストカー試乗・取材会」を経て、12月8日、最終選考投票により、今年度のイヤーカーが決定する。最終選考会・表彰式の模様は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式YouTubeチャンネルにて生配信される。

  • レスポンス編集部
  • スズキ アルト 新型《写真撮影 中野英幸》
  • トヨタ クラウン クロスオーバーRS Advanced《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産 エクストレイル《写真撮影 中野英幸》
  • 三菱 eKクロスEV《写真撮影 中野英幸》
  • 日産 フェアレディZ 新型《写真提供 日産自動車》
  • ホンダ シビックタイプR 新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • マツダ CX-60 XD ハイブリッド(プレミアムスポーツ)《写真撮影 中野英幸》
  • BMW iX M60《photo by BMW》
  • ヒョンデ アイオニック5《写真提供 ヒョンデ》
  • ランドローバー・レンジローバー 新型《photo by Land Rover》
  • ルノー アルカナ E-TECH HYBRID《写真撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ