シトロエン『C5 X』PHEV、EVモードの航続を63kmに拡大

新車 レスポンス

シトロエンは11月3日、5ドアクロスオーバー車『C5 X』(Citroen C5 X)のプラグインハイブリッド車(PHEV)、「C5 Xプラグインハイブリッド」に、欧州で改良を施すと発表した。

PHEVパワートレインは、エンジンが直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力180hpを発生する。エンジンと8速ATの間にレイアウトされるモーターは、最大出力110hp、最大トルク32.6kgmを引き出し、システム全体で225hpのパワーを獲得する。

バッテリーは蓄電容量12.4kWh(正味容量は11.3 kWh)のリチウムイオンだ。今回の欧州仕様車の改良は、「Euro 6.4」への切り替えに伴うもので、バッテリーのマネジメントシステムが変更を受けた。これによりEVモードの航続は従来の最大55kmから、63km(いずれもWLTPサイクル)へと約15%拡大している。

  • 森脇稔
  • シトロエン C5 X プラグインハイブリッド《photo by Citroen》
  • シトロエン C5 X プラグインハイブリッド《photo by Citroen》
  • シトロエン C5 X プラグインハイブリッド《photo by Citroen》
  • シトロエン C5 X プラグインハイブリッド《photo by Citroen》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ