最新の電気自動車を買うしかないのか---エコを再考、EV躍進の条件は?

業界 レスポンス

『カーセンサー』12月号

発行:リクルート

定価:100円(本体価格91円+税)

『カーセンサー』12月号は表紙からいきなり読者に問いかけてくる。サステナブルに暮らすためには最新の電気自動車を買うしかないのか? 最新の電気自動車以外にもサステナブルな選択肢はある、ということで、特集はまず十分サステナブルだと思われる「eco POINT」を提案する。

そして最新の電気自動車は高くて買えない人にオススメの車、最新の電気自動車の充電に不安がある人にオススメの車、最新の電気自動車はファミリー使いが不安な人にオススメの車を紹介する。さらにこだわるべきは車選びだけではない、運転もサステナブルに、と呼びかける。

連載コラムの「中古車購入実態調査を読み解く」では、車が全部電気自動車になる日を予想する。BEVだけでなく電動車というくくりでは、2022年から自動車市場のメインストリームへと成長する普及期に移行するという。ただし車選びの最重要指標は“エコ”ではないとし、EVの躍進への鍵は……?

気になる見出し……●サステナブルに暮らすためには最新の電気自動車を買うしかないのか?●どんなクルマと、どんな時間を。●達人の流儀●吉田由美の勝手にハッピーバースデー●人気車ゼミ 三菱 アウトランダー(PHEVモデル)編

  • 高木啓
  • 最新の電気自動車代案:日産リーフ《写真提供 日産自動車》
  • 最新の電気自動車代案:日産リーフ《写真提供 日産自動車》
  • 最新の電気自動車代案:マツダCX-3《写真提供 マツダ》
  • 最新の電気自動車代案:マツダCX-3《写真提供 マツダ》
  • 最新の電気自動車代案:トヨタ・ノア《写真提供 トヨタ自動車》
  • 最新の電気自動車代案:トヨタ・ノア《写真提供 トヨタ自動車》
  • 『カーセンサー』12月号《発行:リクルート》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ