日産 サクラ/三菱 eKクロスEV、2022-2023日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞

新車 レスポンス

日本自動車殿堂は11月8日、2022〜2023年のイヤー賞4賞を発表。日産『サクラ』/三菱『eKクロスEV』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)」に選ばれた。

2022〜2023日本自動車殿堂カーオブザイヤーは、2021年10月16日から2022年10月15日までに日本国内市場で発表・発売された新型乗用車が対象で、選考委員によって実用・利便性、経済性、先進性、安全性、環境性、審美性の6項目を評価して決定される。

今回受賞したサクラ/eKクロスEVノートは、国内EV市場の拡大に貢献する軽規格適合の本格的EVであることや、クラスを超えた力強いEVの走りと高い質感の内装、軽自動車ながら優れた走行安全アシストシステムを装備している点などが高く評価された。日産は昨年度の『ノートオーラ』に続き、2年連続の日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞となった。

そのほか、インポートカーオブザイヤーにはメルセデス・ベンツのフラッグシップEV『EQS』が、カーデザインオブザイヤーにはトヨタ フラッグシップ初のクロスオーバーデザイン『クラウン(クロスオーバー)』が、カーテクノロジーオブザイヤーにはドライバーサポートと緊急時対応の技術を搭載したマツダ『CX-60』および開発グループがそれぞれ選ばれた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 日本自動車殿堂》
  • メルセデス・ベンツ EQS《写真提供 日本自動車殿堂》
  • トヨタ クラウン(クロスオーバー)《写真提供 日本自動車殿堂》
  • トヨタ クラウン(クロスオーバー)《写真提供 日本自動車殿堂》
  • トヨタ クラウン(クロスオーバー)《写真提供 日本自動車殿堂》
  • トヨタ クラウン(クロスオーバー)《写真提供 日本自動車殿堂》
  • マツダ CX-60《写真提供 日本自動車殿堂》
  • ドライバー・パーソナライゼーション・システム《写真提供 日本自動車殿堂》
  • ドライバー・モニタリング《写真提供 日本自動車殿堂》
  • ドライバー異常時対応システム(DEA)《写真提供 日本自動車殿堂》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ