三菱 エクリプスクロス、ブラックアクセントの特別仕様車発売…グレード展開や装備も見直し

新車 レスポンス

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプスクロス』を一部改良するとともに、特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、11月10日より順次販売を開始する。

ブラックエディションは上級グレード「P」をベースに、ブラックをアクセントとした上質かつスポーティな内外装とした特別仕様車。エクステリアはスキッドプレート(フロント/リヤ)、サイドドアガーニッシュ、ドアミラーをブラックで統一するとともに、専用ブラック塗装のアルミホイールを採用した。

インテリアでは、メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュをブラックに、ドアグリップとインストルメントパネルオーナメントをダークシルバーに。シートやドアアームレスト、ディンプル付本革巻ステアリングホイールにグレー系のステッチを配することで、落ち着きのある上品な空間を演出した。

機能面ではエレクトリックテールゲートを採用。つま先をリヤバンパー下に出し入れするだけで開閉可能なハンズフリー機能や、ゲートが開く高さを任意に設定できる停止位置メモリー機能を搭載し、荷物が多い日や雨の日など両手が塞がるようなシーンでの利便性を高めた。

価格はPHEVモデルが465万0800円、ガソリンモデルは2WDが330万円、4WDが352万円。

一部改良では、エレクトリックテールゲートを標準装備としたほか、リヤシートにシートヒーターを標準化するなど快適性を向上。また、後席充電用USBポートを新たに採用した。PHEVモデルはグレード構成を見直し、ガソリンモデルに設定されていた「Gリミテッドエディション」を設定。高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」、LEDヘッドライト&フォグランプなどを装備しながら、購入しやすい価格設定とした。ガソリンモデルでは、PHEVモデルに設定されていた「マイパイロット」を新たに採用。ロングドライブでの快適性・利便性を向上させた。

価格はPHEVモデルが386万3200円から465万0800円、ガソリンモデルが254万2100円から352万円。発売日は「M」「Gリミテッドエディション」が11月10日、その他グレードが2023年2月16日。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 エクリプスクロス ブラックエディション《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 エクリプスクロス ブラックエディション《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 エクリプスクロス ブラックエディション《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 エクリプスクロス ブラックエディション《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ