「JAF」の会費は案外安い? 割と簡単に元が取れる?【カーライフ 社会・経済学】

業界 レスポンス

カーライフに関する「社会・経済」ネタを広くピックアップして解説している当コーナー。前回は、「ロードサービス」は自動車保険と「JAF」のどちらを利用するのが便利でお得なのかを解説した。それに引き続いて今回は、「JAF」の会費について説明していく。

最初に、前回の記事内容を簡単におさらいしておこう。昨今の自動車保険は大抵、もしものときに「ロードサービス」も利用できるようになっている。しかし、より手厚い安心を得たいと思ったら「JAF」への入会が吉と出る。「JAF」は人に対してのサービスなので友人のクルマに乗っているときでも「ロードサービス」を利用でき、利用回数の制限もほぼなく、自然災害、例えば雪道でのスタックやチェーンの着脱も助けてもらえる。

ただし、費用がかかる…。と思って二の足を踏んでいるドライバーは少なくないはずだが、実は入会費と年会費はそれほど高くない。前回の記事にて説明したとおり、その総額は6000円(入会金:2000円、年会費:4000円)だ。そして、これをさらに安くする方法もある。まず、入会時にクレジットカードで自動振替を申し込むと500円が割り引かれる。また3年分を一括で支払うと計1000円、5年分を一括で支払うと計2000円が割り引かれる。

また家族の誰かがすでに入会している場合、他の家族は「家族会員」として入会できる。その場合には入会金の2000円が免除されさらには年会費が2000円で済む。

しかし、1年間で「ロードサービス」を1度も呼ばずに済むこともあるわけで、そうだとすると割引きされたとしても入会金と年会費は単なる捨て金となる…。

と思いきや実は、「ロードサービス」を呼ばなかったとしても元を取る方法があるのだ。

それは、「会員優待」だ。実は「JAF」に入っているとさまざまな施設(対象施設は全国で約4万7000か所ある)で割引サービスを受けられる。例えば、株式会社モンテローザが運営する「魚民」や「白木屋」や「笑笑」等では、会計時に1人当たり500円の割引サービスを受けられる。なおこれは2022年12月31日までの期間限定の「会員優待」だが、通年では飲食代の10%が割引きとなる(会計金額が2000円以上の場合。その他利用方法の詳細はウェブを要参照)。

その他にも、ショッピング、温泉・入浴施設、ガソリンスタンド、アミューズメント、遊園地・テーマパーク等々、さまざまな施設で「会員優待」を受けられる。活用の仕方によっては、元を取れるどころかプラスを出すことも不可能ではない。利用可能施設等の情報はウェブの「JAFナビ」にて確認できる。もしもいつも使っている施設で割引サービスが適応されているのなら、入会を検討する価値は小さくないと思うのだが、いかがだろうか。

今回は以上だ。次回以降もカーライフに直結する「社会・経済」情報を多角的に発信していく。お楽しみに。

  • 太田祥三
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ