新旧150台のランボルギーニが都内をパレード…ランボルギーニデイジャパン2022

新車 レスポンス

11月11日、ランボルギーニジャパンが毎年開催している「ランボルギーニデイジャパン」。今年は江東区有明周辺で行われた。

昨年は新宿において『クンタッチ(カウンタック)』50周年を祝うイベントを開催。ランボルギーニにとってクンタッチはまさにアイコン的存在。それをフィーチャーしたものだった。そして今年は『ウルス・ペルフォルマンテ』の日本初公開の場としても選ばれ、新旧ランボルギーニが約150台、有明に集合した。

夕刻に有明ガーデン(東京都江東区)に集合したランボルギーニたちは、このために来日したアウトモビリ・ランボルギーニチェアマン&CEOのステファン・ヴィンケルマン氏らに見送られ、パレードランにスタート。銀座や新橋など東京の中心地を抜けて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボートやカヌーの競技会場であった海の森水上競技場まで16kmほどを走行した。先導は『ウラカンSTO』が務め、クンタッチLPI800-4、そして『シアンFKP37』がそこに続くという壮観なもので、街中の多くの人たちが驚きの表情ともに、カメラを向けていた。

完全に夜になった海の森水上競技場に到着した参加者たちは、整然と整列して駐車。そこからは、東京の夜景を眺めながらパーティの始まりだ。ライトアップされた東京ゲートブリッヂを眺めながら、展示してあるウルスペルフォルマンテや『ミウラ』、『シアンロードスター』、クンタッチLPI800-4などとともに、そのひと時を楽しんでいた。また、久々に来日したヴィンケルマン氏も、終始笑顔で、日本のランボルギーニユーザーたちと交流していた。

  • 内田俊一
  • ランボルギーニデイジャパン2022《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニ ウルスペルフォルマンテ《写真撮影  内田俊一》
  • アウトモビリ・ランボルギーニチェアマン&CEOのステファン・ヴィンケルマン氏《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニデイジャパン2022《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニデイジャパン2022《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニ ウラカンSTO《写真撮影  内田俊一》
  • クンタッチLPI800-4《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニ シアンFKP37《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニデイジャパン2022《写真撮影  内田俊一》
  • ランボルギーニデイジャパン2022《写真撮影  内田俊一》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ