元祖軽キャブコン「テントむし」の最新型はワイルドな見た目とリアの超大型扉に注目…福岡キャンピングカーショー2022

新車 レスポンス

約20年の歴史を誇るバンショップミカミの元祖軽キャブコン「テントむし」がパワーアップ。福岡キャンピングカーショー2022の会場でお披露目となった。

テントむしは軽キャブコンのパイオニアとして長年親しまれ、年々、進化を続けてきた。キャンピングカーとしては初のトミカが商品化されたり、漫画「道草寄子の食べ走り」で主人公の愛車として描かれるなど、各方面で話題となってきたクルマだ。

最新モデルは、ベース車のダイハツ「ハイゼット」のビッグマイナーチェンジに伴って開発。14インチのアルミホイール(従来は13インチまで)とオーバーフェンダーで、アウトドアに似合うワイルドなテイストをプラス。DCクーラーを装備し、快適性も高めた。

テントむしの注目ポイントと言えば、軽キャブコンでは滅多に見かけることのないリアゲートの超大型鍵付扉。開口部は1010mm×1020mmと広く、乗り降りや荷物の積み下ろしに重宝。ガスダンパー付きなので、開閉も簡単だ。

福岡キャンピングカーショー2022では、展示会場外のエントランスに、災害時に役立つクルマの紹介として、旧型も展示。こちらは、100Wのソーラーパネル4枚と100Aのリチウムイオンバッテリー2個などを搭載した電源強化システム「E-パッケージ」を取り付けたもの。このE-パッケージは新型でも、オプション設定されている。

  • 家本浩太
  • バンショップミカミ「テントむし」《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」の室内《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」の室内《写真撮影 廣井誠》
  • DCクーラー《写真撮影 廣井誠》
  • ポップアップと天井照明《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」のギャレー《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」のダイネット《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」のベッド《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」のベッド《写真撮影 廣井誠》
  • バンショップミカミ「テントむし」のベッド《写真撮影 廣井誠》
  • 冷蔵庫の上のスペースを利用したコンロ台《写真撮影 廣井誠》
  • リアの超大型鍵付扉《写真撮影 廣井誠》
  • リアの超大型鍵付扉《写真撮影 廣井誠》
  • 14インチのアルミホイールとオーバーフェンダー《写真撮影 廣井誠》
  • ポップアップルーフにはソーラーパネルを搭載《写真撮影 廣井誠》
  • E-パッケージ搭載の旧型《写真撮影 廣井誠》
  • E-パッケージ搭載の旧型《写真撮影 廣井誠》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ