バイク専用ナビアプリ「ツーリングサポーター」がApple CarPlay対応

モーターサイクル レスポンス

ナビタイムジャパンは11月15日、バイク専用ナビゲーションアプリ「ツーリングサポーター」の「Apple CarPlay」対応を開始した。

昨今、インターネットに接続できるコネクテッドカーの普及が進んでいるが、二輪市場でもBluetoothやW-Fi等でスマートフォンとつながるバイクが増えてきている。

今回、ツーリングサポーターのApple CarPlay対応により、バイクの車載ディスプレイでのルート表示および案内を実現。より高い視認性、操作性で利用できるほか、走行中の振動によるスマートフォン落下などの不安も解消する。

ツーリングサポーターでは、タンデム規制や排気量を考慮したルート検索が可能。UIはApple CarPlay用に検索機能を簡潔にし、現在地周辺の駐車場やガソリンスタンドを検索しやすいよう調整している。また、ルート検索はiPhone側からも操作可能で、事前にiPhoneで調べたルートやスポットをApple CarPlayに接続後、すぐにナビを利用できる。

なお、Apple CarPlayの利用には、プレミアムプラスコース(月額800円、年額8000円)への登録が必要となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 一般道のナビゲーション《画像提供 ナビタイムジャパン》
  • 高速のナビゲーション《画像提供 ナビタイムジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ