新連載[頼るべきはプロ!]デッドニングでも特別な力を発揮する

テクノロジー レスポンス

カーオーディオシステムのバージョンアップを実行しようと思うなら、プロの力を借りるべきだ。当特集では、その理由を1つ1つ説明している。今回は、“デッドニング”をテーマに据えてお届けする。

◆スピーカーを取り付ける作業中のもっとも重要な工程の1つが、“デッドニング”!

前回の記事にて、スピーカーの取り付けにはさまざまなノウハウとスキルが必要であることを説明したが、その中でも特にプロならではのバリューが現れるのがこの、“デッドニング”だ。

さて、まずは“デッドニング”とは何なのかを説明しよう。ひと言でいうと「ドアの音響的なコンディションを上げるための作業だ。ゆえにこのことを“デッドニング”とは呼ばずに“ドアチューニング”と呼んでいるメーカーもある。その呼び方はむしろ、言い得て妙だ。

というのもクルマのドアはスピーカーユニットに対してはスピーカーボックスとしても機能するわけだが、車体メーカーはこれの設計において「スピーカーボックスを作る」という観点を盛り込んでいない場合がほとんどだ。なので“デッドニング”が必要となる。これを施せば、ドアのスピーカーとしての完成度を上げられる。物理的なサウンドチューニングを行えるのだ。

なおハイグレードなスピーカーになればなるほど、“デッドニング”の必要性は増していく。なぜならば“デッドニング”を行わなかったり簡単な内容にとどめたりすると、ハイグレードなスピーカーの性能を引き出し切れない。つまり、“宝の持ち腐れ”になりかねないのだ。

◆プロはさまざまな部材を持ち、適材適所でそれらを使い分ける!

ところで、“デッドニング”はDIYにて行われることも少なくない。確かに“デッドニング”は、ドアの内張りパネルを外せるスキルがあればそれ以外は専門工具はほとんど必要なく、いわゆる“切った貼った”的な改造もしなくて良いので比較的に手軽に行える。しかしDIYとプロの施工とでは、以下の3点において差が出がちだ。1つ目は「部材のチョイス」、2つ目が「音響的なノウハウ」、そして3つ目が「耐久性の確保」、この3点だ。

まず「部材のチョイス」だが、“デッドニング”用の部材は、国産、輸入を問わずさまざまなメーカーから発売されている。しかも、ブランドごとでタイプの異なる部材を多々擁する。プロはそれらを適材適所で使い分けられるので、より効果的な“デッドニング”を行える。

続いては、「音響的なノウハウ」について説明しよう。“DIY”にてこれを行うと、ただ部材を貼っただけになりかねない。しかしプロは、各作業を目的を持って行い狙った効果を確実に上げていく。なぜなら音響的なノウハウを持ち得ているからだ。何をどこに貼るとでどんな効果が得られるのかが分かっているので、的を射た作業を実行可能だ。

◆プロは、効果が長持ちするノウハウも持っている!

そしてもう1つ、「耐久性の確保」について説明していこう。実をいうと、プロとアマチュアとではこの部分でも顕著な違いが出やすい。クルマは常に走行しながら振動する。そしてドア内部には雨水も浸入する。つまり、部材がはがれやすくなる要素があり、確実な施行をしないと持ちが悪くなる。で、もしも後から部材がはがれてくると、“デッドニング”はむしろ音に悪影響を与えてしまう。効果は半減し、さらには部材が揺れて異音を発生することもある。

そういった弊害を引き起こさないためには施行前の入念な脱脂が必要で、次いでは部材をしっかりと圧着させることが重要となる。そしてさらには雨水対策も講じたい。雨水が入りにくくする工夫と、侵入した雨水が抜けやすくなる工夫を施す必要がある。プロはそのあたりも考えながら作業を進める。結果、施工した部材が雨水の影響を受けにくくなり効果が長持ちする。

“デッドニング”をDIYにて行うと作業を楽しめる。なので自ら行うのもアリなのだが、効果にこだわるならばプロの力を借りた方がベターだ。参考にしてほしい。

今回は以上だ。次回もプロのバリューを解説していく。お楽しみに。

  • 太田祥三
  • “デッドニング”の施工例。Photo by フェリースソニード
  • “デッドニング”用部材の一例(フェリソニ・C-1)。Photo by フェリースソニード
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ