北米SUVオブザイヤー、日本車は残らず…キャデラックと韓国車が最終選考に

新車 レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は11月17日、「2023北米SUVオブザイヤー」(2023 North American Utility of the Year)の最終選考3車種を、ロサンゼルスモーターショー2022で発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2023北米SUVオブザイヤーの最終選考3車種は以下の通り。

●キャデラック・リリック

●ジェネシスGV60

●キアEV6

キャデラックの新世代電動SUV『リリック』、韓国ヒョンデの高級車ブランド「ジェネシス」の電動SUV『GV60』、同じく韓国キアの電動SUV『EV6』がファイナリストとなった。

日本メーカーからは、第2次選考に選出されていたEVの日産『アリア』、ホンダの新型『CR-V』、日本市場に『ZR-V』として投入された『HR-V』新型、マツダ『CX-50』、レクサス『RX』新型が姿を消した。日本メーカー車は1台も残らなかった。

同様に欧州勢も、第2次選考にリストアップされていたアウディ『Q4 eトロン』、BMW 『iX』の「xDrive M50i」、ボルボ『C40リチャージ』の各EVが、最終選考に進んでいない。

2023北米SUVオブザイヤーは2023年1月、米国で発表される予定だ。前回は、フォード『ブロンコ』新型が受賞している。

  • 森脇稔
  • ジェネシス GV60《photo by Genesis》
  • キア EV6《photo by kia》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ