「牙」はどうなる?グリルは? プジョーのフラッグシップ『508』が初の大幅改良へ

新車 レスポンス

プジョーのフラッグシップセダン『508』および派生ワゴン『508SW』の改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

プジョー508は、『407』と大型サルーン『607』を統合した新たなフラッグシップとして2011年に誕生。第2世代となる現行型は、2018年のジュネーブモーターショーで発表され、同年11月にはファストバックの「ファーストエディション」が60台限定で日本市場にも導入された。登場から4年を経て、大規模なマイナーチェンジが敢行されるようだ。

今回は3つの異なるプロトタイプを目撃した。そのうち2台はセダンタイプのレギュラーモデルとGTラインで、もう1台はロングルーフのSWだ。どちらもボディ前後をカモフラージュしているが、改良新型では新型クロスオーバーの『408』で見られるように、プジョー最新のデザイン言語を採用し、新しいロゴ、新設計のグリルを採用する。

ヘッドライトは新形状となっている様子がうかがえ、幅がタイトになっているように見える。外縁の“牙”LEDは存在しているようだが、最終的にデザインが刷新される可能性もありそうだ。その横にはダミーインテークを配置、下部バンパーにはワイドな台形エアインテークを備えている。

ボディサイドに沿って、プロトタイプの1台にはBピラーの横にアンテナが確認できるほか、小さな円形の装置が屋根の上に取り付けられている。これらは、508に機械的な微調整が加えられている可能性を示唆している。リアエンドでは、より大きく傾斜したスリムなLEDテールライトを装備していることがわかるが、アウトラインに変更があるかどうかは判断できない。

キャビン内では新インフォテイメントシステムを採用、アップデートされたインターフェイスを備えるほか、トリムも刷新されるという。

ボンネットの下には、改良されたガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載するほか、1.6リットルガソリンエンジンと電気モーターで構成される新しいハイブリッドパワートレインも提供されるという。

508、および508SW改良新型のワールドプレミアは、2023年上半期と予想されている。

  • Spyder7編集部
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • プジョー 508SW 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ