KGモーターズが“割り切り”の超小型EVを開発中…東京オートサロン2023で実車発表予定

新車 レスポンス

“17番目の自動車メーカー”を標榜するKGモーターズ(本社:広島県東広島市)は11月20日、現在開発中の超小型EV(ミニマムモビリティ)のティザー画像を公式ウェブサイトで公開した。東京オートサロン2023で正式発表予定だ。

KGモーターズは、ユーザーの利用実態にフィットした割り切り設計(1人乗り原付ミニカー規格、航続100km)のEVを開発することで、環境負荷の低いモビリティを提供し、脱炭素社会の実現をめざすことをビジョンとしている。

開発中の超小型EVは、ボディパーツの金型費用を圧縮して販売価格を抑えるため、車体デザインが「前後対称」。原付ミニカーサイズでも快適に乗車できるよう「ドア・空調付き」となっている。暫定スペックは、全長2450mm・全幅1090mm・全高1500mmという寸法で、モーターの定格出力は0.59kW、ピーク出力は5kWとなっている。充電時間はAC100Vで5時間。

楠一成代表取締役兼CEOは「大きな車での1人移動は、無駄なコストとCO2が発生している。車を小さくしたらこの無駄が減るのではないか? それがこのビジネスのきっかけだ。誰でも気軽に乗れる小型モビリティを普及し、車移動を最適化することでコスト減、脱炭素を実現するのがKGモーターズのミッションだ」と述べる。

  • 高木啓
  • KGモーターズの超小型EVティザー《写真提供 KGモーターズ》
  • KGモーターズの超小型EVティザー《写真提供 KGモーターズ》
  • KGモーターズの超小型EVコンセプト《画像提供 KGモーターズ》
  • KGモーターズの超小型EVコンセプト《画像提供 KGモーターズ》
  • KGモーターズの超小型EVスペック(暫定)《画像提供 KGモーターズ》
  • 東京オートサロン2022に展示されたプロトタイプT-BOX。《写真提供 KGモーターズ》
  • KGモーターズ(東京オートサロン2022)《写真提供 KGモーターズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ