画像データをボディに直接プリント、三菱ふそうバス製造が新事業開始

業界 レスポンス

三菱ふそうバス製造は、新事業として「ボディプリント事業」および「バスリニューアル事業」を開始した(11月21日発表)。

ボディプリント事業は、インクジェットプリンターの原理を応用したオートボディプリンターで、画像データをボディへ直接プリント。凹凸や湾曲のある素材へのダイレクトプリントが可能で、従来のフィルムラッピングと比較し、低コストかつ短納期で仕上げることができる。コストは従来の4〜5割減、納期は約1/3短縮できる見込み。また、特殊溶液を用いることで、何度でも塗り換えできる。

本事業は、三菱ふそうバス製造が生産の効率化を図るべく行ってきた様々な作業の自動化の検討の中で、従来は職人の手作業で行っていたボディラッピングのフィルム張り付け作業の自動化手段として開始を決定。メーカーを問わず、トラック、バスおよびその他の車両を対象にサービスを提供する。

一方、バスリニューアル事業はバス製造の経験豊かな専門スタッフが古いバスの内外装を、新車のように生まれ変わらせるサービス。ボディの再塗装、窓ガラスの交換、シート生地張替え、床材張替え、各種機器交換など、様々な要望に対応する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ボディプリント事業 施工例《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • ボディプリント施工の様子《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • ボディプリント施工の様子《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • バスリニューアル事業《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • バスリニューアル事業《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • バスリニューアル事業《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
  • バスリニューアル事業《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ