ブリヂストン、中米コスタリカ・サンホセ工場の乗用車用タイヤ生産能力を増強

業界 レスポンス

ブリヂストンは11月21日、中米コスタリカ・サンホセ工場の乗用車用および小型トラック用タイヤの生産能力を増強すると発表した。

投資金額は約2億5000万ドル(約363億円)。2026年までにサンホセ工場の生産能力はこれまでの日産1万1000本から36%増加し、1万5000本になるとともに、新たに160人の雇用を創出する。

サンホセ工場の生産能力増強により、北米・中南米を合わせた米州地域の乗用車用高インチタイヤの「創って売る」体制を強化するとともに、EVへの装着に最適なENLITEN技術搭載タイヤへの生産にも対応する。

さらに今回の増強では、将来のグリーン&スマート工場化も見据え、新たな自動化設備や生産技術を採用。石油ボイラーから電気ボイラーへの交換を行い、エネルギー資源をより効率的に使用することで、カーボンニュートラル化に向けた取組みを加速する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ