トヨタの12月世界生産は75万台…前月から5万台減

業界 レスポンス

トヨタ自動車は11月22日、12月のグローバル生産台数について、前月から約5万台減となる75万台程度を見込んでいると発表した。

内訳は国内約25万台、海外約50万台。12月は全14工場28ライン中、3工場4ラインの稼働を一部停止。トヨタ『RAV4』『ハリアー』、レクサスなどの生産に影響が及ぶ。

なお、2022年度通期の生産見通しについては、第2四半期決算発表で920万台と公表している。

12月の稼働停止工場

トヨタ自動車 高岡工場:第2ライン

稼働停止日程:2日(火)、9日(金)

生産車種:トヨタ・ハリアー、トヨタ・RAV4

トヨタ自動車 田原工場:第1ライン

稼働停止日程:1日(木)、2日(金)、9日(金)、16日(金)

生産車種:トヨタ・ランドクルーザー プラド、レクサス・GX、トヨタ・4ランナー

トヨタ自動車九州 宮田工場:第1ライン

稼働停止日程:28日(水)

生産車種:レクサス・NX、レクサス・NX450h+、レクサス・ES、レクサス・UX、レクサス・UX300e

トヨタ自動車九州 宮田工場:第2ライン

稼働停止日程:28日(水)

生産車種:レクサス・ES、レクサス・RX

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ ハリアー《写真提供 トヨタ自動車》
  • レクサス RX 新型《写真提供 レクサス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ