ポールスターのEVセダン、生産10万台…およそ2年半で達成

エコカー レスポンス

ボルボカーズ傘下のポールスターは11月22日、ブランド初のEVセダン『ポールスター2』(Polestar 2)の生産台数が10万台に到達した、と発表した。

ポールスター2は入門モデルの「スタンダードレンジ・シングルモーター」グレードの場合、最大出力224hp、最大トルク33.6kgmを発生するモーターを1基積む。バッテリーの蓄電容量は69kWhで、1回の充電での航続は、最大474km(WLTPサイクル)の性能を備えている。

バッテリーの充電に関しては、DC(直流)急速充電の場合、最大出力170kWでバッテリーを充電することができる。

10万台目のポールスター2は、中国工場からラインオフした。ポールスターが進出したばかりのアイルランドの顧客に向けて、出荷されている。ポールスター2の生産開始から、およそ2年半で生産台数が10万台に到達した、としている。

  • 森脇稔
  • ポールスター2《photo by Polestar》
  • ポールスター2《photo by Polestar》
  • ポールスター2《photo by Polestar》
  • ポールスター2《photo by Polestar》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ