アバルト初のEV『500e』、ガソリン車の「695」よりも速い…欧州発表

新車 レスポンス

アバルトは11月22日、ブランド初のEVとなるコンパクトハッチバック、アバルト『500e』(Abarth 500e)を欧州で発表した。

◆0〜100km/h加速は7秒とクラス最高

アバルト500eは、フィアット『500』のEVバージョン、フィアット『500e』がベースだ。強化されたモーターは、最大出力155hp、最大トルク24kgmを発生する。0〜100km/h加速は7秒と、クラス最高の加速性能を備えているという。バッテリーは蓄電容量が42kWh。出力85kWの急速充電システムが装備されており、バッテリーの8割の容量をおよそ35分で充電できる。

アバルト500eでは、「ツーリスモ」、「スコーピオン・ストリート」、「スコーピオン・トラック」の3種類の走行モードが切り替えられる。ツーリスモモードでは、モーターの最大出力を136hp、最大トルクを22.4kgmに抑え、効率的でありながらエキサイティングなドライビングを追求する。

スコーピオン・ストリートでは、回生ブレーキを最大限に活用しながら、高いパフォーマンスを追求する。ツーリスモとスコーピオン・ストリートでは、ワンペダルドライビングを可能にした。スコーピオン・トラックは、最高のパフォーマンスのためのモードになるという。

◆イタリアのテストコースではアバルト695よりも1秒以上速い

アバルト500eは市街地走行において、これまでで最もレスポンスに優れ、エキサイティングなアバルト500になるという。中でもレスポンスという点では、ガソリンターボエンジン搭載のアバルト『695』 よりも優れている、と自負する。アバルト500eは都市走行において、20〜40km/hまでの中間加速が、アバルト695よりも50%速くなっている。

アバルト500eは、例えばヘアピンカーブなどの都市部以外での走行でも速い。40km/hから60km/hへの加速は1.5秒。ガソリンバージョンよりも、およそ1秒速いという。

アバルト500e は、ガソリンバージョンよりも追い越し加速に優れている。60km/hからの中間加速では、ガソリンバージョンが91km/hで走行している時、アバルト500eは100km/hの速度に達する。時間にして、およそ1秒の差だ。イタリアのテストコースでのラップタイムも、アバルト 500eが 695を1秒以上上回っているという。

◆アバルトらしいサウンドをEVでも

アバルト500eでは、何世代にもわたって情熱的なドライバーを魅了してきたアバルトサウンドをあきらめることなく、コンパクトEVで唯一、没入感のあるサウンドを実現することを目指した。

アバルト500eのサウンドジェネレーターは、アバルトのガソリンエンジンのサウンドを忠実に再現した。エンジン性能に合わせたサウンドジェネレーターを搭載する。パフォーマンスとサウンドを組み合わせたサウンドシステムが、アバルトならではのドライビングエクスペリエンスを生み出す、と自負する。

アバルト500eのサウンドジェネレーターには、ガソリンエンジンのサウンドを連想させる「AVAS(車両接近通報装置)」が付属する。このAVASもアバルトらしい音を追求した。さらに、アバルト500eのサウンドジェネレーターは、停車時にオン/オフを切り替えることができる。

アバルト500eでは、「Key On-Off」システムがキャビン内のサウンドを演出する。このサウンドは、ユーザーがアバルト車に乗っていると、すぐに分かる音だという。他のEVと一線を画す音を目指した。中でも、時速20kmを超えた時のサウンドにこだわった、としている。

  • 森脇稔
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
  • アバルト 500e《photo by Abarth》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ