ジープ『ワゴニア』のEV、車名公募…2024年北米発売へ

新車 レスポンス

ジープ(Jeep)は11月23日、2023年に初公開する予定の新型電動SUV「ワゴニアS」(開発コードネーム)の車名を公募すると発表した。12月2日まで、米国在住のファンを対象に、オンライン投票を受け付けている。

◆600hpモーター搭載で0〜96km/h加速は3.5秒

ワゴニアファミリーに加わる新たなメンバーがワゴニアSだ。このフルエレクトリックSUVは、ユニークかつ艶やかな空力デザインとジープならではの4×4性能を兼ね備えたSUVで、プレミアムSUVセグメントに新たな指標を打ち立てるという。

ワゴニアSは、EVのみのグローバルSUVとなり、1回の充電で最大400マイル(約640km)の航続を可能にする。また、EVパワートレインのモーターは、最大出力600hpを引き出す。ワゴニアSは、0〜96km/h加速およそ3.5秒の性能を備えている。

ワゴニアSの外観は、LEDが埋め込まれたジープ伝統の7スロットグリルを採用する。空力性能を追求したエクステリアに、ひと目でワゴニアとわかるサイドシルエットを組み合わせる。

◆グローバル市場での販売も計画

ワゴニアSは2023年に実車が公開され、2024年から北米で生産が開始される予定だ。米国の顧客は2023年の初めには、ワゴニアSの予約が可能になる。その後、ヨーロッパを含む世界各国で販売が順次開始される予定だ。北米市場で発売は、2024年を計画している。

ジープブランドのEV化計画によって、ワゴニアファミリーの製品ラインアップが拡大する。プレミアムミッドサイズSUVセグメントでは、フルエレクトリックのワゴニアファミリーを投入し、ラージSUVセグメントにおいては、航続が最大で500マイル(約800km)を可能にするワゴニアファミリーを投入していく。

ワゴニアSは、世界的なエレクトリックSUVブランドとして、主導的な地位を確立するための製品攻勢の第1段階に含まれるEVだ。ジープブランドは、北米とヨーロッパで2025年までに、ゼロエミッション車を4モデル導入する。ワゴニアを含めて、米国で販売している全モデルに電動化モデルを導入。2030年までに、米国の新車販売の50%をEVに、そして欧州で販売する全車をEVにすることを目指す。

◆ジープの全ての製品に2025年末までに電動化モデルを設定

ジープブランドは、世界中で「4xe」モデルのラインナップ拡大している。ジープならではの4×4性能を電動化と最新のテクノロジーを活用しながら、拡張していく。最初に発表された計画は、主に北米とヨーロッパを対象としたもので、他の地域の具体的な計画は、後日発表される予定だ。

4xeテクノロジーをジープの製品ラインアップの中で継続的に拡大していくことで、ジープブランドはフリーダムとアドベンチャーを、全く新たに再定義することを狙う。2025年末までにジープの全ての製品に電動化モデルを設定し、そのうちの4モデルをフルエレクトリックとすることにより、競争力を追求していく。

ジープの持つ4×4性能は、グローバルで取り組んでいる電動化によって、さらに強化されるという。「ゼロエミッション・フリーダム」というビジョンを達成するために、ジープブランドは4xeを新たな4×4テクノロジーに発展させるべく前進を続けていく。

  • 森脇稔
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
  • ジープ・ワゴニア 新型のEV「ワゴニア S」(開発コードネーム)《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ