デトマソ、軽量ボディに900馬力V12搭載…新型ハイパーカーはサーキット専用

新車 レスポンス

デトマソ・アウトモビリ(De Tomaso Automobili)は11月29日、サーキット専用の新型ハイパーカー『P900』をワールドプレミアした。

デトマソは1959年、イタリアに設立された名門ブランド。1971年に発表したスーパーカー『パンテーラ』が有名だ。しかし、2003年に創始者のアレハンドロ・デトマソ氏が死去したのを受けて、会社としてのデトマソは2004年に解散している。その後、デトマソの権利を受け継ぐ形で、デトマソ・アウトモビリが設立された。2019年、創業60周年に合わせて、デトマソ『P72』を発表している。

今回発表されたP900は、P72をベースにしたサーキット専用モデルだ。車名の「900」とは、車両重量が900kg、V型12気筒ガソリンエンジンの最大出力が900hp、という2点に由来している。

  • 森脇稔
  • デトマソ P72(参考)《photo by De Tomaso》
  • デトマソ P72(参考)《photo by De Tomaso》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ