【HRS-Formula】鈴鹿スーパーFJチャンピオン森山冬星がスカラシップを獲得

モータースポーツ レスポンス

鈴鹿サーキットで11月30日、鈴鹿サーキットでホンダレーシングスクール鈴鹿フォーミュラ(HRS-Formula)のスカラシップ発表会が行われ、スーパーFJ鈴鹿シリーズのチャンピオンで芦屋大学2年の森山冬星(19歳)がスカラシップを獲得した。

鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)からホンダレーシングスクール鈴鹿(HRS)となり、新たなスタートを迎えた2022年。フォーミュラのアドバンスクラスは3月に入校式を迎え7月に修了。そして修了式の場では清水啓伸(16歳・長崎県出身)、森山冬星(19歳・大阪府出身)、佐藤樹(19歳・神奈川県出身)、島影柊麿(20歳・香川県出身)の4名がスカラシップ選考会に進むことが発表された。その選考会は11月30日にスカラシップが発表される最終日を迎えた。

最終日は午前中にレース形式の走行プログラムが組まれ、4人の受講生と卒業生5人、野尻智紀講師、佐藤蓮講師、FIA-F4ドライバーの小出峻、三井優介、西村和真の合計9名が走行した。

フリー走行を経て2回の計測走行(予選形式)を行い、スーパーフォーミュラ2年連続チャンピオンの野尻講師がポールポジションを獲得。FIA-F4チャンピオンの小出が2番グリッドとなった。受講生では森山が計測走行2回目で野尻講師に次ぐ2番手タイムを記録したが、1回目のアタックラップでミスがあり、5番グリッドからのスタートとなった。

決勝レース形式の走行も2回行われ、第1ヒートでは野尻講師が2位以降を寄せ付けず優勝。第2ヒートではスタートを決めてトップに立った小出が優勝した。5番グリッドからスタートした森山は2つのヒートともにスタートポジションを守り、4位を狙う場面が何度かあったが抜くには至らず、両方とも5位でフィニッシュした。

これでスカラシップ選考会のすべての走行プログラムが終了。その後鈴鹿サーキットピットビル2階のブリーフィングルームで、スカラシップ発表会が開催された。講師陣、受講生、受講生の保護者らが参加。インディ500で2度の優勝経験を持つ佐藤琢磨プリンシパル(校長)の挨拶ののち、スカラシップ獲得者の名前が発表された。

佐藤校長が読み上げた名前は「森山冬星」。今シーズン、スーパーFJの鈴鹿シリーズでチャンピオンを獲得し、さらにはスカラシップも獲得。自身の目標であるF1に大きく近づいた。

スカラシップを獲得した森山は「スカラシップが取れてホッとしていますが、まだまだ出来ることがあったので悔いの残るスクールになってしまいました。ここからステップアップして、トップアスリートになれるよう努力します。小さいときからの目標の、F1を目指して頑張っていきます」とコメントした。

森山は2023年度、ホンダの育成ドライバーとしてレースに参戦する予定だ。

  • 藤木充啓
  • 逆バンクを走行する森山冬星《撮影 藤木充啓》
  • 最終コーナーを走行する森山冬星《撮影 藤木充啓》
  • 走行の合間に佐藤琢磨プリンシパルのアドバイスを受ける森山冬星《撮影 藤木充啓》
  • 受講生の走行を見守る佐藤琢磨プリンシパル《撮影 藤木充啓》
  • 佐藤琢磨プリンシパル《撮影 藤木充啓》
  • 講師陣と受講生《撮影 藤木充啓》
  • 講師陣と受講生《撮影 藤木充啓》
  • 第1ヒートの様子《撮影 藤木充啓》
  • 第1ヒートのスタートシーン《撮影 藤木充啓》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ