日産、シンジケート・グリーンローンで2000億円の資金調達…ゼロエミッション車開発を加速

業界 レスポンス

日産自動車は11月30日、みずほ銀行を幹事とするシンジケート・グリーンローンにより2000億円の資金を調達、ゼロ・エミッション車の開発などに投資すると発表した。

日産は今年7月、よりクリーンで、安全で、インクルーシブな、誰もが共生できる世界の実現に向けた取り組みを強化するため、サステナブル・ファイナンス・フレームワークを策定。本フレームワークは、グリーンボンド原則(GBP)2021やソーシャルボンド原則(SBP)2021などに適合しており、その適合性については、環境・社会性・ガバナンス(ESG)に関する独立した調査会社であるサステイナリティクスより、外部評価を取得している。

今回のシンジケート・グリーンローンはフレームワーク策定から初めての資金調達となる。資金は、電気自動車(EV)や将来のカーボンニュートラルな輸送手段を実現するゼロ・エミッション車と、その構成部品の設計、開発、製造を行うための投資や費用など、日産のフレームワークに定義された適格なグリーンプロジェクトに充当。同社の電動化プログラムを加速させていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ