W杯日本代表、強豪スペインにも逆転勝利…日本株も先取り反発[新聞ウォッチ]

業界 レスポンス

逆転勝利の奇跡が2度も起こるとは、もはや奇跡とは言えないだろう。

サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、E組の日本代表はスペイン代表に2-1で逆転勝ち。逆転勝ちは初戦のドイツ戦に続いて2度目の快挙である。この結果、日本は勝ち点を6に伸ばして、まさかのグループ首位となり、2大会連続で16強入りした。

その逆転勝利を先取りしてのご祝儀相場ではないだろうが、12月1日の東京株式市場でも反発し、日経平均株価(225種)の上げ幅は一時、400円を超え、終値も前日比257円09銭高の2万8226円08銭と、5営業日ぶりに上昇し取引を終えた。

利上げペース減速を示唆した前日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受け、金融引き締めへの過度な警戒感が和らいだためとみられる。米株高を好感し、日本株も堅調に推移。米長期金利低下を背景に値がさ株やグロース(成長)株がしっかりで、相場を押し上げたという。

円相場も一時、約3か月ぶりに1ドル=135円台まで上昇した。きょうの読売なども「円一時135円台、1か月半で16円上昇」などと、報じていが、米国の利上げに伴って急ピッチで上昇してきた米長期金利が、約2か月ぶりの低水準となり、運用面で魅力が薄れたドル売りにつながったという。円相場は10月21日に1ドル=152円台目前まで円安が進んだ後、1か月半足らずで16円程度も円高方向に振れたことになる。

サッカーで日本代表が勝利した直後の株式相場は上げ潮ムードになることがあるが、決勝トーナメントで日本は日本時間12月6日午前0時から前回大会準優勝のクロアチアと対戦する。ここまでくれば悲願の8強以上を目指して3度目の奇跡を期待するしかない。

2022年12月2日付

●冬の節電家庭で企業で、7年ぶり要請(読売・3面)

●機内の紙コップ再生、日航と日本製紙提携(読売・8面)

●自動運転競争が加速、ホンダ「レベル3」120キロ、新型FCV生産へ、北米で24年(読売・8面)

●国内新車販売3か月連続増(読売・8面)

●スバル新型SUV来年発売「クロストレック」(朝日・9面)

●今年の流行語大賞は「村神様」(朝日・31面)

●連合5%賃上げ要求、春闘(毎日・1面)

●JRの首都圏7路線、大みそかに終夜運転(産経・28面)

●出生急減80万人割れへ、今年、減少ペース5%に加速(日経・1面)

●「EV駆動装置、1兆円投資」、ブルガリアに開発拠点、日本電産永守会長(日経・15面)

●決算ランキング、4〜9月純利益率、川崎汽船117%、共同出資のコンテナ船好調(日経・21面)

  • 福田俊之
  • ワールドカップ、日本対ドイツ。日本の2点目は#17田中碧《Photo by Marc Atkins/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ》
  • ワールドカップ、日本対ドイツ。ゴール前にクロスを上げる#9三笘《Photo by James Williamson - AMA/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ》
  • ワールドカップ、日本対ドイツ。ゴール前にクロスを上げる#9三笘、写真左奥に#17田中碧《Photo by Clive Mason/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ》
  • 日本製紙がJAL機内で使用した紙製カップ類のリサイクルを開始《写真提供 日本製紙》
  • ホンダランシング360《写真提供 ホンダ》
  • スバル・クロストレック《写真撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ