BMW M3 初のワゴン、「Mパフォーマンスパーツ」設定

新車 レスポンス

BMWは12月1日、ドイツで12月3日に開幕するエッセンモーターショー2022に、『M3ツーリング』(BMW M3 Touring)の「Mパフォーマンスパーツ」装着車を出展すると発表した。

◆カーボンファイバー製のエアロパーツ

Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズだ。BMWの子会社のBMW M社が、BMW主力モデルのスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群を指す。すでに、BMWの主力車種の多くに、Mパフォーマンスパーツが設定済み。『M3』初のワゴン、M3ツーリングにも、Mパフォーマンスパーツが設定された。

エクステリアは、フロントにカーボン製リップスポイラー、カーボン製エアロフリックを用意した。リアには、Mパフォーマンスのカーボン製ディフューザーとルーフスポイラーを設定する。チタン製サイレンサーシステムには、スポーティなチタン製テールパイプトリムモジュールを組み合わせることができる。Mモデル専用に開発された軽量エキゾーストシステムは、標準装備のものよりも約30%軽量。チタン製のテールパイプは、ノーマル車両とは異なり、センターの4本出しデザインになる。

Mパフォーマンスの「モータースポーツフォイル」で、外装をカスタマイズすることも可能だ。ラッピングには、BMW Mの青、赤、紫の3色が表現されており、車両の形状に合わせてカスタマイズされている。

◆スポーツサスペンションとスポーツブレーキパッド

足元には、Mパフォーマンスの2種類のホイールが用意される。フローズンガンメタルグレーのYスポーク鍛造ホイールは、フロントが19インチ、リアが20インチ。独自のデザインと、高剛性かつ軽量設計により、高速域での空気抵抗を低減するという。

また、フローズンゴールドブロンズ、またはジェットブラックのマット仕上げのクロススポーク鍛造ホイールも設定した。こちらは、フロントが20インチ、リアが21インチサイズとなる。

Mパフォーマンスのスポーツサスペンションは、さまざまなサーキットで開発された。コイルオーバーサスペンションにより、車高を調整できる。スポーツブレーキパッドは、より短い制動距離、より優れた応答特性、高い耐熱性を発揮するという。

◆内装にカーボンとアルカンターラのパーツ

カーボン製インテリアトリムは、マットコーティングされたカーボンにアルカンターラを組み合わせた。複雑なプロセスを経て、手作業で生産される。センターコンソールには、Mパフォーマンスのアルカンターラ製ニーパッドが2個装着できる。

アルカンターラのMパフォーマンスセンターアームレストを装着すると、レーシングカーのコックピットの雰囲気を演出するという。BMW MカラーのステッチとMパフォーマンスのロゴを配した。LEDドアプロジェクターは、「M Performance」またはBMW Mの50周年を記念する「50 Jahre BMW M」のロゴが選択できる。

バックレストカバーは、運転席と助手席をレーシングカーのように仕立てることができる。カーボンファイバー製のヘッドレストトリムは、ポリウレタンラッカー仕上げによる光沢が特長だ。残りの部分のパネルは、アルカンターラでトリミングされており、アルミ製のMパフォーマンスエンブレムが添えられている。

  • 森脇稔
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
  • BMW M3 ツーリング の「Mパフォーマンスパーツ」装着車《photo by BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ