磁気マーカーを活用する自動運転バスが社会実装 気仙沼線BRT

テクノロジー レスポンス

愛知製鋼は、同社の磁気マーカによる自車位置推定技術「GMPS」が、東日本旅客鉄道(JR東日本)が気仙沼線BRT(バス専用道での高速輸送システム)での柳津駅〜陸前横山駅間で実用化する自動運転バスに導入されたと発表した。自動運転バスは、12月5日より実用化される。

GMPSはグローバル・マグネティック・ポジショニング・システムの略で、自動運転を支援する磁気マーカシステム。BRTにGMPSが社会実装されるのは今回が初めて。

JR東日本は、地方住民の足となる利便性の高い交通手段を維持するため、GMPSを活用したBRT自動運転車の実証実験を、2018年から継続的に実施してきた。実証実験でGMPSは、正確性を求められる車線維持や、正着制御をはじめ、GNSS電波の届かないトンネルなどでも、高精度、安定的な性能を実証した。

この成果を受け、GMPSは「安全性に直結する高精度な自車位置推定」を担うシステムとして自動運転バスに導入されたとしている。自動運転実用化区間4.8km全区間に磁気マーカを埋め込み、自車位置を高精度に推定して、安全・安心な自動運転を支援する。

  • レスポンス編集部
  • 社会実装されるGMPSの位置付け《画像提供 愛知製鋼》
  • JR東日本が実施する気仙沼BRTの路線《画像提供 JR東日本》
  • BRT専用大型自動運転バス《写真提供 JR東日本》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ