今に繋がるミニバンの先駆けとなった初代『バネットセレナ』【懐かしのカーカタログ】

モータースポーツ レスポンス

キャブオーバー型のいわゆる1BOXだったバネットコーチを前身に誕生したのが初代『バネットセレナ』(C23型)だった。今に繋がるミニバンの先駆け的な存在でもあった。

「家族のクルマできました。」……そんなカタログのキャッチコピーで1991年6月に登場した『セレナ』の初代は、それまでの1BOX型の流れから正しくは『バネットセレナ』の名で呼ばれた。機構的にはエンジンを前席床下に収めた後輪駆動がベース。ただし短いノーズをもち、前輪がグッと前に出された車両レイアウトが特徴のセミキャブオーバーとした。

2735mmのロングホイールベースとワイドトレッド(4WD車は前:1460mm/後:1465mm)としたうえ、リヤサスペンションに横置きのグラスファイバー製トランスバーススプリング採用のマルチリンク式を投入。安定感の高いハンドリングを実現。電子制御サスペンション、位相変転&ディレイ制御4WS(SUPER HICAS)も設定。カタログでは、外側ショルダー部の剛性を高めた非対称パターンの高性能ラジアルタイヤの採用なども謳われている。

搭載エンジンは2リットル、1.6リットルのガソリンと2リットルディーゼル(ターボ、NA)の設定。4WD車はビスカスカップリングを使ったフルオート・フルタイム方式とした。乗車定員は8名または7名の設定。

丸みを帯びた洗練されたスタイリングは空気抵抗係数0.35を達成。家族のレジャーユースを想定し人気を集めた「キタキツネ」や、後の日産車のカスタマイズカーの定番となる「ハイウェイスター」も用意された。

  • 島崎七生人
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 日産バネットセレナ《カタログ写真撮影 島崎七生人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ