パナソニック、太陽光エネルギーを効率的にフル活用するV2H蓄電システム開発

エコカー レスポンス

パナソニックのエレクトリックワークスは、電気自動車(EV)の電池に蓄えた電力を家庭へ供給するV2H(ビークル・トゥ・ホーム)と蓄電池を連携して太陽光発電の電気を家庭で消費するV2H蓄電システム「エネプラット」を開発した。2023年2月21日から受注を開始する。

「エネプラット」は業界初となるEVと蓄電池による同時充放電を実現するシステム。より多くの太陽光発電を家庭内で有効活用でき、太陽光発電の売電量と系統電力の購入量を減らし、電気の自給自足を図る。

今回、同時に家庭内の様々な家電や住宅設備機器を連携させるエネルギーソリューションの中核機器「AiSEG2」を2023年夏にバージョンアップする。日々の電力使用量と翌日の日射量予報を元に余剰電力量を予測、蓄電池の充放電を自動制御するもの。このAiSEG2とV2H導入によって、自家消費効果が50%から約90%へと大きく向上し、CO2排出量を年間約1トン削減できる。

AiSEG2は、気象警報と連動し、EVと蓄電池に自動充電し、停電に備えて蓄電残量を確保する。停電が発生した場合でも、IHクッキングヒーターやエアコンなどの200V機器も利用可能としている。

V2Hスタンドは、エアコン室外機1台分より小さい床面積で設置可能なコンパクトサイズに抑えた。駐車場の限られたスペースにも設置しやすく、EV購入に合わせて屋外工事のみで、後からの増設も可能という。

  • レスポンス編集部
  • 電機の流れイメージ《画像提供 パナソニック》
  • 同時充放電の動作イメージ《画像提供 パナソニック》
  • AIソーラーチャージPlus 蓄電池制御《画像提供 パナソニック》
  • AIソーラーチャージPlusの動作イメージ《画像提供 パナソニック》
  • 導入効果シミュレーション《画像提供 パナソニック》
  • 気象警報連動で電気自動車・蓄電池に自動充電《画像提供 パナソニック》
  • V2Hスタンドの概要《画像提供 パナソニック》
  • V2Hスタンドの概要《画像提供 パナソニック》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ