BMWのEV『i4』が警察車両に、ACシュニッツァーがカスタム…エッセンモーターショー2022

新車 レスポンス

ACシュニッツァー(AC Schnitzer)は12月3日、ドイツで開幕したエッセンモーターショー2022において、BMWの4ドアクーペEV『i4』をベースにした警察仕様を初公開した。

エッセンモーターショーは2004年から「TUNE IT! SAFE!」と題したキャンペーンを展開している。「違法チューニングは愛車を壊す可能性があるし、交通安全上、とても危険なのでやめよう」との趣旨だ。このキャンペーンを、ドイツ警察と連邦交通省が全面的にバックアップしている。このキャンペーンに賛同したドイツの有名チューナーが、毎年個性的なポリスカーを製作している。

今年はACシュニッツァーが、BMW i4をカスタマイズした。空力面に関しては、ACシュニッツァーのフロントスポイラーエレメント、フロントスプリッター、ルーフスポイラー、カーボン製リアスポイラー、リアサイドウィングを装着した。

ACシュニッツァーのスプリングキットは、標準のサスペンションと比較して、フロントとリアで車高を20〜25mm下げることができる。ACシュニッツァーが手がけたホイールは、バイカラーのシルバー/ブラック仕上げのフローフォーミングホイール「AC4」 だ。サイズは、フロントが8.5J x 20インチで、255/35R20タイヤを組み合わせる。リアは 9.5J x 20インチで、265/35R20タイヤとの組み合わせだ。

  • 森脇稔
  • ACシュニッツァーがカスタムした BMW i4 のポリスカー仕様《photo by AC Schnitzer》
  • ACシュニッツァーがカスタムした BMW i4 のポリスカー仕様《photo by AC Schnitzer》
  • ACシュニッツァーがカスタムした BMW i4 のポリスカー仕様《photo by AC Schnitzer》
  • ACシュニッツァーがカスタムした BMW i4 のポリスカー仕様《photo by AC Schnitzer》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ