【レクサス RX 新型】アイシンの電動ユニットやアッパー&ロア一体グリルシャッターを採用

新車 レスポンス

アイシンは12月5日、同社およびアイシングループの製品が、11月18日に発売されたレクサス『RX』新型に採用されたと発表した。

RX新型は、次世代レクサスのめざす走りやデザインを追求し、全面刷新を遂げた。新たに導入した高性能モデル「RX500h Fスポーツ パフォーマンス」には、電動化技術を活用した四輪駆動力システム「ダイレクト4」を採用。新開発のハイブリットシステムと組み合わせることで、レスポンスの良い伸びやかな加速を実現している。

ダイレクト4には、アイシンの「1モーターハイブリッドトランスミッション」、「eAxle」が採用され、高い加速性能と燃費向上に貢献。さらに、高い取り回し性と高速での安心感を実現する「大舵角ARS(アクティブ・リア・ステアリング)」や、ブレーキ車両姿勢制御に貢献するアドヴィックスの「回生協調ブレーキシステム」が採用されている。

また、新開発の「アッパー&ロア一体タイプ グリルシャッター」は、従来のロアタイプ、アッパータイプが一体となった同社初の製品。グリルシャッターは、ラジエーター前に装着するシャッターで、フィンを開閉することでグリル内への風の流れをコントロールし、空気抵抗を減らす。今回、一体タイプとなったことでフィン部の面積を大きくとることができ、より高い空力性能、燃費効果に貢献している。

アドヴィックスの新製品「高性能キャリパ(アルミ対向型6ポットキャリパ)」は、制動力やコントロール性が高く、リニアでダイレクト感のあるブレーキフィーリングに貢献する。同製品は、搭載スペースの狭い前輪駆動車(FF車)への搭載を可能にするとともに、意匠性を高めてローターやホイールと調和するデザインとした点が特長。さらに、新たな塗料の開発によって生産時のCO2排出量を削減し、カーボンニュートラルにも貢献している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • レクサス RX500h “F SPORT Performance”《写真提供 Lexus International》
  • アッパー&ロア一体タイプ グリルシャッター(開)《写真提供:アイシン》
  • 高性能キャリパ(アルミ対向型6ポットキャリパ)《写真提供:アイシン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ