バーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」、機能充実…期間限定の装飾も実施

モータースポーツ レスポンス

日産自動車は、メタバース上で展開するバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」の施設の充実を図るとともに、期間限定のホリデーシーズンの装飾を12月15日より開始する。

日産は2021年11月、新たなコミュニケーションの場として、ソーシャルVRサービス「VRChat」上にバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」を公開。以降、新型軽電気自動車『サクラ』のお披露目イベントなど、様々なコンテンツをバーチャルギャラリー上で展開している。

今回、メタバース上のNISSAN CROSSINGではより多くの人に楽しんでもらうよう、施設機能のアップデートを実施する。2Fの広いエリアにて講演を行う際に便利な投影機能や立体的に書き込めるペン機能を追加するほか、『フェアレディZ』新型などの車両を展示。加えて12月15日から31日の期間限定で、ホリデー感あふれる装飾を行い、きらめく美しい季節を楽しめるワールドを提供する。

また、今回のアップデートを記念して、新型フェアレディZなど様々なクルマのデザインを手がけた同社デザイナー、入江慎一郎氏によるトークイベントを実施。日産のカーデザインにおける想いや歴史などについて解説を行うほか、NISSAN CROSSING内にあるクルマを使って、メタバース内で実際のクルマのように触れながらデザインのポイントを紹介する。なお、VR対応機器を持っていない人やイベントに参加できなかった人も楽しめるよう、イベントの様子は日産公式YouTubeでも後日公開する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • バーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」《画像提供:日産自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ